フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

フィギュア世界王者が統計学と医学を。
ネイサン・チェン、エール大入学へ。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAkiko Tamura

posted2018/05/14 10:30

フィギュア世界王者が統計学と医学を。ネイサン・チェン、エール大入学へ。<Number Web> photograph by Akiko Tamura

イベント会場でのネイサン・チェン(右端)。左端はフィギュアの五輪銀メダリストのポール・ワイリー、その隣はサラ・ヒューズの妹のエミリー(元米国代表)で、2人はハーバード卒。

専攻は「統計学」で将来は医大も視野に。

 専攻は何にするのか、と聞くと、こんな答えが返ってきた。

「統計学を専攻して、同時に医学進学課程(Pre-med)の必須科目も取っていく予定です。統計学はビジネス、医学、教育などあらゆる方面で広く活用できる学問なので」

 将来的には医大に進学したいというチェン。父は医学博士号を取得しており、姉の1人も医大に進学したという彼は、教育を大事にする一家で育ったのだという。

 だが現実的に言って、アメリカの大学は入学より卒業が難しい。まして世界でもトップレベルの大学にフルタイムで通いながら、競技スケートを続けていくことは楽ではないに違いない。過去には、1952年にディック・バットンがハーバード大学に在学しながら2度目のオリンピック金メダルを手にした前例もあるが、今とは時代が違う。

ハーバードに入ったガオは結局引退に。

 近年では、やはり中国系アメリカ人のクリスティナ・ガオ(2012年スケートアメリカ銀メダリスト)が2012年の秋からハーバード大学に入学し、しばらくスケートと両立させていたが、やはり競技の成績は伸び悩んだ。結局ガオは2014年シーズンを最後に学業を優先させるために競技を引退した。

 チェンにとっても、エール大学進学は初めての体験である。

「実際にどうなるかは、とりあえずやってみないとわかりません。学期が始まったら、また色々なことが見えてくると思います」とチェン。

 今のところは、この秋のGPシリーズにも出る予定なのだという。

「おそらくスケートアメリカは必ず出ると思う。2試合目は、スケジュール的にフランス杯が一番可能性が高いです」

【次ページ】 「芸術面で新しいことにチャレンジしたい」

BACK 1 2 3 NEXT
ネイサン・チェン
アシュリー・ワグナー
エール大学

ページトップ