沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

今年すでに重賞4勝、GIは初勝利。
NHKマイル制覇は藤岡佑介の転機だ。

posted2018/05/07 11:50

 
今年すでに重賞4勝、GIは初勝利。NHKマイル制覇は藤岡佑介の転機だ。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

藤岡佑介騎手は土曜日に京都新聞杯を勝ち、日曜日にNHKマイルでGI初勝利を手にした。これがキャリアの転機になる雰囲気もある。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Yuji Takahashi

 確かな技術で地歩を固めてきた中堅騎手が、ついにビッグタイトルを勝ち取った。

 3歳のマイル王を決める第23回NHKマイルカップ(5月6日、東京芝1600m、3歳GI)を、藤岡佑介が騎乗した6番人気のケイアイノーテック(牡、父ディープインパクト、栗東・平田修厩舎)が優勝。重賞初勝利をGI制覇で飾った。騎手デビュー15年目の藤岡にとっても初のGIタイトルとなった。

「けっして上手く乗ったわけではなかった。馬の能力だけで差し切れました」

 藤岡はそう振り返ったが、腹を括った大胆な騎乗をしたからこそ、手にすることができた栄冠だった。

「思ったより行き脚がつかず、促しても(前に)行けませんでした」

 前半4ハロンが46秒3、後半4ハロンが46秒5という平均ペース。前の馬も後ろの馬も最後に脚を使える流れだ。となると騎手心理としては、少しでも前につけたくなるところだが、藤岡は後方2番手でじっとする戦術をとった。

ディープらしい瞬発力を引き出した。

 直線入口でもまだ後ろから2頭目。先頭から7、8馬身離されている。

「それでも、馬のアクションがよかったので、信じて追いました」

 藤岡のステッキに応えたケイアイノーテックは、外から猛然と脚を伸ばした。

 ラスト200m地点で抜け出したミルコ・デムーロのギベオン、それと叩き合うミスターメロディ、追いすがるレッドヴェイロンといった馬たちを、メンバー最速のラスト3ハロン33秒7の末脚で差し切った。

 これぞディープ産駒の瞬発力。それを引き出したのは、今回が実戦初騎乗となった藤岡だった。

【次ページ】 直線で鞭を持ち替え、進路を修正。

1 2 3 NEXT
ケイアイノーテック
藤岡佑介

ページトップ