前田健太の名言 

今日の名言 

日本の時の130球くらい投げるスタイルが体に染み付いているので、100球のスタイルに自分の体を変えていく必要性を、この2年間ですごく感じました。

前田健太(MLB)

2018/05/06

日本の先発ピッチャーの多くは、中6日の登板間隔で少なくとも7回、できれば最後まで投げるというのがノルマとされている。しかし、メジャーは中4日と登板間隔が短い代わりに、100球以内で投げられるところまで投げるというのが先発の仕事だ。ペース配分も当然、日本とメジャーでは変わってくる。さらにメジャーでは「6回・自責点3」でクオリティースタートとして評価される。その枠のなかで最適な投げ方を模索してきた2年間だったと、前田は振り返った。

Number948号(2018/03/15)

ページトップ