アーセナル、ベンゲル監督22年目での退任。タイミングはどう思う?

集計グラフを見る

 プレミアリーグのアーセナルは4月20日、アーセン・ベンゲル監督が今季終了をもって退任することを正式に発表しました。  名古屋グラ・・・続きを表示

●遅い
●まだ続けていい

1-6件を表示 / 全6

すべて| 遅い| まだ続けていい|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
  • 確かにここ2年の成績になかなか受け入れがたいものがあるのは間違いないです。しかし、それをベンゲルを変えることによって良くなると考えるのは虫が良すぎると思います。
    むしろプレミアリーグでこんなに長く安定した成績を残していることの方が異常で、これより安定していたクラブはファーガソン時代のマンUくらいだと思います。
    そのマンUすら、ファーガソン退任後は恐ろしくひどい成績を何度となく繰り返してます。
    そして、今年のマンUの割とましな成績と、ここ数年続くマンCの安定はまさにお金の力によってなしえたものだと思います。監督も含めて。
    チェルシーすらいい年と悪い年を繰り返してます。
    私はそんなアーセナルを見たくないです。そこにこそアーセナルの美学を感じていました。
    あのミスリンタートがアーセナルにきたことは、他の強豪たちと育成クラブの側面を持ちつつ戦って行く意思表示と思っていたので、そこにベンゲルがいないのは寂しいです。

    yamageさん2018/05/01 19:55に投稿

    2
    そう思う!
  • 好きな監督で残念だけど遅すぎると思う。今、欧州リーグでもプレミアが一番熱いもんね。その中で、上位レベルのチーム育成能力がある事は実証済みだけど、そこから突き抜けて優勝する手腕は無かった。今まで、良い選手もたくさん在籍していたし、ベンゲルには十分な時間とそこそこの予算もあったからなぁ。そこそこの結果を残すだけじゃぁ物足りないのは事実です。

    sirokumaさん2018/05/01 12:48に投稿

    0
    そう思う!
  • 遅すぎる、と言っていいほど遅い。続投が決まると他チームから歓迎されていましたから。ここ5年ほどはベンゲルが何を目指しているのかがさっぱりわかりませんでした。

    Mr.Pさん2018/05/01 15:16に投稿

    0
    そう思う!
  • 監督の采配ももちろん大事ですが、なんだかんだ言っても最終的にプレーするのは選手ですしね。
    いい選手をどれだけ見つけられたか、実力を花開かせること・さらに大きくさせることに成功したかという点では確かに微妙なところだと思います。ただチームとしての戦略、予算などだけでなく選手へのサポートといった点(怪我の選手が多いなら、怪我を防ぐトレーニングに長けたトレーナーの招聘とか)も考慮の余地はあったように思えるので、それを監督一人の肩に背負わせるというのも。
    いずれにせよ、選手でさえ22年間も同一チームにいられるのは至難の業であり、偉大な業績だと思います。

    するのは苦手見るのは得意さん2018/05/01 23:01に投稿

    0
    そう思う!
  • 私はガナーズが後任を用意していないように見ています。この日が来ることは分かっていたのだから、後継者を交えて、緩やかなシフトの中で、交代できる時間があったと思っています。ユナイテッドがサーを失った二の舞いとならぬように。と願っておりましたが、なんとなく、その願いは届かないような気がします。

    たけまろさん2018/05/02 13:31に投稿

    0
    そう思う!
  •  Jリーグ名古屋グランパスの小倉さんのように編成権:監督と絶大な権限を付与され、結果を出さなければ自ら退くのが、私のような旧世代の日本人の感覚で遅すぎる感があります。「晩節を汚す」という言葉は欧州にはないのではないですか。

    手許 不如意さん2018/05/06 17:22に投稿

    0
    そう思う!

ページトップ