沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

珍しい展開の皐月賞を完全勝利。
エポカドーロが乗った2つの流れ。

posted2018/04/16 11:30

 
珍しい展開の皐月賞を完全勝利。エポカドーロが乗った2つの流れ。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

上位人気馬が総崩れになるなか、エポカドーロがニュースターに名乗りをあげた。次走はダービーに直行だ。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Yuji Takahashi

 ひとつのレースのなかに、激流と緩流の2つの流れが生じた。勝者は、緩流に乗った伏兵だった――。

 第78回皐月賞(4月15日、中山芝2000m、3歳GI)を、戸崎圭太が騎乗した7番人気のエポカドーロ(牡、父オルフェーヴル、栗東・藤原英昭厩舎)が優勝。新種牡馬オルフェーヴルにとっても、地方からJRAに移籍して6年目の戸崎にとっても初のクラシック制覇となった。2着は9番人気のサンリヴァル、3着は8番人気のジェネラーレウーノ。1番人気のワグネリアンは7着に終わった。

 6番のアイトーン陣営が逃げ宣言をし、16番ジュンヴァルロの大野拓弥は「途中からハナに立ってもいい」とコメントしていた。そのほか、7番エポカドーロ、8番ケイティクレバー、そして10番ジェネラーレウーノが逃げ切り勝ちを経験していた。

道中、馬群が真っ二つに。

 これだけ前に行きたい馬が多いときは、ハナ争いが激しくなってハイペースになるか、逆に、どれが行くかわかっているので、意外と流れが落ちつくかのどちらかになる。

 今回は、その両方の流れが生じた。

 道中、馬群が真っ二つに分かれる珍しい展開になった。

 ハナに立ったアイトーンと、差なくつづいたジェネラーレウーノ、ジュンヴァルロの3頭はハイペースで進んだ。

 それらから大きく遅れた第2グループの先頭、つまり4番手につけたのがエポカドーロだった。道中、前の3頭とエポカドーロの差は最大で10馬身ほど、時計にすると2秒ほどになった。この第2グループは、追走が楽な緩めの流れになった。

 戸崎が望んでいたとおりの展開だった。

「何頭か前に行く馬がいるので、先生(藤原調教師)と相談し、その後ろのポジションで行ければと思っていました。馬は落ちついていて、返し馬から違いました。道中も力強かったです」

【次ページ】 前が潰し合い、直線の入り口で追いつく。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
エポカドーロ
戸崎圭太

ページトップ