サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

“マイアミの奇跡”を知っているか?
西野朗という男が胸に秘めるもの。

posted2018/04/16 07:00

 
“マイアミの奇跡”を知っているか?西野朗という男が胸に秘めるもの。<Number Web> photograph by Katsuro Okazawa/AFLO

1996年アトランタ五輪、「マイアミの奇跡」。A代表では日本はいまだブラジルに勝利したことがない。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Katsuro Okazawa/AFLO

 西野朗新監督のもとで、日本代表が新たな体制を整えた。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督のもとでもスタッフを務めた手倉森誠コーチが留任し、U-21日本代表の森保一監督が日本代表のコーチを兼任することになった。

 2015年シーズンを最後にJリーグで采配を揮っていない西野監督が、かくも重要な局面で日本代表を指揮することへの不安があるかもしれない。12日に記者会見に臨んだ新監督は、技術委員長を務めてきた2年間も「感覚的には監督と同じように戦ってきた」と話した。

 同時に、「ゲームへの感覚は、(技術委員長と)監督ではまた違うと思うので、戻さなければいけないところはある。さらに研ぎ澄ましていかないといけない」と、自らの立場を冷静に分析している。期待のみが寄せられている立場ではない、との自覚があるのだろう。

 監督として残してきた実績も、ガンバ大阪を率いた2011年までに限られる。その後に就任したヴィッセル神戸と名古屋グランパスでは、これといった成果をあげられずにチームを去った。1996年のアトランタ五輪でブラジルを破る世紀のアップセットを演じたのも、すでに22年も前の出来事だ。

“マイアミの奇跡”の裏側。

 しかし、“マイアミの奇跡”と呼ばれるブラジル撃破こそは、西野監督がロシアW杯を戦ううえでの強みと成りうるものである。

 '96年夏のアトランタ五輪でブラジル、ナイジェリア、ハンガリーとの対戦が決まると、前園真聖や城彰二らの主力選手たちは「ブラジルにも勝ちにいく」と意気込んだ。

 攻撃陣を中心に広がっていく意欲的な姿勢は、メディアにも波及する。「28年ぶりの五輪出場を決めた史上最強のチームなら、ブラジル相手にもそれなりに戦えるはずだ」との論調が、なかば既定路線となっていった。

【次ページ】 真っ向勝負を求める空気の中で。

1 2 3 4 NEXT
西野朗
ヴァイッド・ハリルホジッチ
手倉森誠
森保一
ロシアW杯
ワールドカップ

ページトップ