“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

全国の強豪集まる謎のサッカー大会?
「船橋招待」支える市立船橋監督の志。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2018/04/15 08:00

全国の強豪集まる謎のサッカー大会?「船橋招待」支える市立船橋監督の志。<Number Web> photograph by Takahito Ando

左から、市立船橋サッカー部の朝岡隆蔵監督、コーチの式田高義。

全国各地にある見応えあるサッカーフェス。

 実は、日本全国にはその地域の強豪校が中心となって、全国各地の強豪校や強豪Jユースを招いて開催するようなサッカーフェスティバルが沢山ある。

 例えば選手権優勝校の前橋育英が主催する「プーマカップ群馬」、福岡の東海大福岡(旧・東海大五)が主催する「大五フェスティバル」、星稜が主催する「石川県ユースサッカーフェスティバル」、岐阜の大垣工業が主催する「全国高校サッカー選抜大垣大会」などが代表例だ。

 市船もそこに招待され、良質の対戦相手、競技環境において試合を重ね、強化してきたのだ。その過程の中で常に招待される側だった自分達に、朝岡は大きな疑問を感じたわけだ。

 朝岡は2013年から大会の段階的なリニューアルを重ねてきた。そして、2016年には東福岡をこの大会に招待した。ちょうどその前年の2015年のインターハイ決勝で激突し、市船が敗れた因縁のライバルだった。

「前年(2015年)のインターハイ決勝で負けたときに、『来年の船橋招待に絶対に東福岡を呼ぼう』と決めたんです。理由は単純にウチより良いチームだし、プレミアも東西違うので、なかなかやれる機会がないと思ったし、2013年のプレインターハイのお礼もしたいという想いがありました」

 このオファーを東福岡側も快諾。

 東福岡を率いる森重潤也は、「市船に勝つことができなければ、全国優勝は考えられない。市船と戦うことは、全国での自分達の立ち位置、目指すべきものを推し量る重要な指標になる」と、「市船倒さずして、全国制覇なし」と高いモチベーションで2016年から今回と3年連続で参加をしている。

全国から強豪ばかり15チームも集まった!

 リニューアルを重ねてきた船橋招待は、今年は全国から15チームが集結。

 北からベガルタ仙台ユース、矢板中央、前橋育英、國學院久我山、東京ヴェルディユース、市船、千葉U-18、桐光学園、静岡学園、帝京長岡、名古屋グランパスU-18、京都橘、広島皆実、徳島ヴォルティスユース、東福岡……という強豪チーム名がズラリと並ぶこととなった。

 試合は、市船が日々練習や試合を行っている法典公園グラウンド(通称・グラスポ)と、'16年に完成した高瀬下水処理場上部運動広場(通称・タカスポ)、最終日のみジェフユナイテッド千葉U-18の協力でフクダ電子フィールドの3会場で行うこととした。

【次ページ】 移動を減らし、25分ハーフ形式にし……。

3/5ページ
関連キーワード
朝岡隆蔵
市立船橋高校
布啓一郎
石渡靖之
九州国際大付属高校
東福岡高校

ページトップ