沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

皐月賞の主役は「不在のダノン」。
未対決のタイムフライヤーに勝機? 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2018/04/14 17:00

皐月賞の主役は「不在のダノン」。未対決のタイムフライヤーに勝機?<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

ホープフルSを勝ったタイムフライヤーもまた2歳王者である。世代における力関係は果たして。

ダノンと未対決、という条件で探すと?

 1995年のジェニュインと同じタイプ、つまりダノンと未対決の馬のなかでは、昨年のホープフルステークスの覇者タイムフライヤー(牡、父ハーツクライ、栗東・松田国英厩舎)の復権が考えられる。

 前走の若葉ステークスで5着に敗れて株を下げたが、あの一戦に目をつぶって「なかったこと」にすれば、きわめて高いレベルで安定した走りをする馬だ。

 以前、この馬を所有するサンデーレーシングの吉田俊介代表が「ホープフルステークスを勝つと、次にどこを使ったらいいのか困ってしまう」と話していた。

 負けたら、クラシック出走権を獲るため、いくつかのレースが自然と候補に挙がってくる。しかし勝って賞金面の心配がなくなり、どこを使ってもいいとなると、案外選択が難しくなるようだ。

 特に関西馬は、本番前に何度も長距離輸送をしたくないだろうから、「定番」の共同通信杯や弥生賞、スプリングステークスなどには即決しづらくなる。ということで、タイムフライヤー陣営は、オープン特別の若葉ステークスを選んだ。

 いわば「裏技」だったのだが、GIを厳しい流れで勝ち切ったタイムフライヤーにしてみると、格の違いすぎる馬たちに囲まれ、緩いというよりぬるいと感じられるようなペースに戸惑ってしまったのではないか。あの一戦で見限るのは早すぎる。

 ダノンと未対決の馬として、タイムフライヤー以上に注目されているのがキタノコマンドール(牡、父ディープインパクト、栗東・池江泰寿厩舎)だ。走るたびに大きな成長を見せて2戦2勝。

 ノーザンファームの生産馬で、池江厩舎所属、鞍上がミルコ・デムーロというだけで怖い。馬主が「DMMバヌーシー」として新規参入したDMMドリームクラブ、名付け親が北野武氏と話題性もある。

「ダノンにしか負けていない馬」

 ダノンに敗れた馬のなかで最有力と思われるのは、弥生賞で2着だったワグネリアン(牡、父ディープインパクト、栗東・友道康夫厩舎)か。弥生賞は、鞍上の福永祐一が、初めての中山コースでどんな伸びをするか脚を測ったようなレースだった。ガチンコ勝負でもう一度ダノンとやったら逆転もあり得る、と思わせる素材だ。

 朝日杯フューチュリティステークス2着のステルヴィオ(牡、父ロードカナロア、美浦・木村哲也厩舎)も強い。父は桜花賞を勝ったアーモンドアイと同じで勢いがあるし、トライアルのスプリングステークスの勝ち馬でもある。「ダノンに負けた馬」と言うより、「ダノンにしか負けていない馬」と言うべき実力馬だ。

【次ページ】 タイムフライヤーの闘志復活に期待。

BACK 1 2 3 NEXT
ダノンプレミアム
タイムフライヤー

ページトップ