JリーグPRESSBACK NUMBER

ガンバ、7戦目の今季リーグ初勝利。
クルピ流チーム作りの魅力と懸念。 

text by

下薗昌記

下薗昌記Masaki Shimozono

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2018/04/13 17:00

ガンバ、7戦目の今季リーグ初勝利。クルピ流チーム作りの魅力と懸念。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

世代交代を進めつつも、勝ち点を積み重ねる。ガンバ大阪が手に入れた1勝と笑顔は、その難しさを感じさせる。

「逆に今は試合が多いほどいい」

 1月から12月までスケジュールがぎっしりと詰まるブラジルサッカー界は、世界指折りの過密なカレンダーで知られる。だからこそ近年は完全ターンオーバーなどで連戦を乗り切る指揮官が増加している。

 しかしクルピ監督は「逆に今は試合が多いほどいい。チームがまず安定することを優先したい」と連戦の中で、連係を深めるつもりである。

「レギュラーの選手たちが充実したいいサッカーをできるようになれば、何人かの選手を入れ替えることが可能だが、我々はまだそういう状態にない」(クルピ監督)

 しかしながら、サッカー選手とて人間だ。90分間、常に体を張りながらハードワークを欠かさないファン・ウィジョに懸念されるのは、疲労の蓄積が招く負傷である。

「底辺対決」となる次節のV・ファーレン長崎戦以降も、重要な戦いを控えているガンバ大阪。ただでさえ手薄な戦力、そしてようやく手にした感があるエースFWを失わないマネージメントが不可欠なのだが……。

関連コラム

BACK 1 2 3 4
ガンバ大阪
ファン・ウィジョ
今野泰幸
遠藤保仁
レヴィー・クルピ

ページトップ