マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

高3・大谷翔平のボールを受けた日。
「超高速変化球投手」という新種。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/04/13 07:00

高3・大谷翔平のボールを受けた日。「超高速変化球投手」という新種。<Number Web> photograph by Kyodo News

高3の秋、日本ハムに指名された時の大谷翔平。その後4度の入団交渉を経て入団し、彼の伝説が始まった。

“捕り味”抜群のストレート。

 きれいなストレートだった。

 まっすぐなストレートだった。

 なんの濁りもなく、真一文字にこちらに伸びてくる。まさに、「空気を切り裂く」ような快速球。ミットを構えておけば、その近辺にまっすぐ伸びてきて、気持ちよくミットに納まってくれる。

 “捕り味”抜群のストレート。

 そりゃあとんでもなく速いから、一瞬でも気を許せば当たって死んでしまいそうなストレートなのだが、一方で、いつまででも受けていたいような快感を伴った捕球の衝撃。ミットにめり込むような捕球感は、この感触を味わいたくてキャッチャーやってるんだぜ! と叫びたくなるような快感だった。

 それだけに、まともにバットに当たったらこのストレート、飛ぶだろうな……そんな一抹の不安のようなものもよぎってはいた。

鶴岡慎也が激賞したスライダー。

 まっすぐもすごかったが、大谷翔平は「変化球」がもっとすごかった。

 スライダーは速球と同じスピードでまっすぐにやって来て、ホームベースの手前で急に真横に曲がって、そのまま吹っ飛んで消えた。

 最初のスライダーに、もちろん私のミットはかすりもしなかった。そういう話をしても、ちっとも恥ずかしくない。むしろ“名誉”ぐらいのとんでもないスライダーだ。

 もう立派にチームの軸となって投げている頃、スポーツ新聞にこんなコメントを見つけた。

「大谷っていう投手はね、速い、速いって、ストレートのことばっかり言われるけど、あいつが一番すごいのはスライダーだよ。オレの反射神経のMAXで、やっと捕れるんだから」

 当時、日本ハムでマスクをかぶっていた鶴岡慎也捕手(今季から復帰)の談話だった。

 やっぱりね。ひとり、納得のうなづきを繰り返したものだ。

【次ページ】 捕手すら見えないのに、打者は……。

BACK 1 2 3 4 NEXT
大谷翔平
花巻東高校
ロサンゼルス・エンゼルス

ページトップ