2018年04月23日(月)まで
このエントリーをはてなブックマークに追加

W杯開幕まで2カ月、ハリルホジッチ監督解任の決断をどう思う?

集計グラフを見る

 日本サッカー協会は9日、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督の解任、西野朗氏の代表監督就任を発表しました。  アジア最終予選・・・続きを表示

このお題に投稿する

●賛成
●反対

最新の投稿
反対

替えるならもっと早くというのが反対の理由です。もちろん結果が出れば良いのですが、2カ月で戦術、メンバー選考含め何ができるのでしょうか? 会長の進退問題になりかねないと思います。

YASUBEYさん2018/04/20 20:46
に投稿

1-10件を表示 / 全37

すべて| 賛成| 反対|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • このタイミングで解任することがまずナンセンス。そして本番に向けて圧倒的な分析ができるのがハリルホジッチの強みであり、実際にそれを今までも何度か見せてきたにも関わらず、親善試合でよくなかっただけで解任するのは愚の骨頂。何が問題なのかよくわからないし。

    たっこしさん2018/04/09 16:59に投稿

    11
    そう思う!
  • 前回のW杯の時のように強い国との大一番での対戦の時に力を発揮できる監督だと思っていたので残念。アジアでの戦い方とW杯の戦い方は別だし、テストマッチと本番も違う。ザックのような横綱相撲ではなく短期決戦での奇策が必要。弱者の戦い方で番狂わせを起こすには今のサッカーしかないと思う。みんな日本の力を過大評価しているから不満があるのであって勘違いしていると思う。

    ゆーいちろーさん2018/04/09 17:01に投稿

    9
    そう思う!
  • 約4年積み上げた結果がどうなったか、結果を見ずに解任するのは愚策。

    失敗のサンプルを得るには、4年間指揮をしてきた監督の戦術で戦うべきだった。

    決まってしまったものはしょうがないが、この件が選手へのカンフル剤になってくれることを切に願いたい。

    jose-papaさん2018/04/12 12:46に投稿

    9
    そう思う!
  • この3年ちょっとの間にいろいろな選手を起用した点は、たとえ結果が出ないこともあったにしても、自分はとても興味深く見ることができたし、今回のW杯をきっかけに多くの日本人選手のモチベーションが上がったのではないかと思っています。
    乾選手のようななかなか呼ばれない選手も、もしかしたらハリルさんの中では暫定当確なのではないかとか、本田選手を特別視せずフラットに選出するのかとか、若手は誰を使うのか、最終的にどんなシステムにするのか(確か対戦国によってフォーメーションや選手を変える方針と聞いたような気がします)とても楽しみにしていました。
    正直GLで勝つことだけを期待するというより、この先の日本代表はどう変わっていくんだろうという期待が大きかったです。

    それをちゃぶ台返しで無しにして、非礼とも見える対応で監督をクビにし、一部選手が「信頼関係が持てない」のような不満を漏らしていたとか、会見内容もあまりにレベルが低すぎる。

    アジア予選もグループ首位で通過し欧州遠征もまずまずの結果なのに、正直理由に説得力がなさすぎて納得できません。
    しかも「外に漏れなかったのが驚きだ」との発言もあったようですが、ここまで極秘にして電撃解任にした意味はなんなんでしょう。スポンサー契約の関係ですかね。

    erimoさん2018/04/09 17:14に投稿

    8
    そう思う!
  • 第一報を聞いて信じられなかったが、田嶋会長の会見を見終わった今でも信じられないし、現実であってほしくない。

    かしわぎさん2018/04/09 17:14に投稿

    8
    そう思う!
  • 愚行としか言えないですね。
    「1%でも2%でも勝つ可能性を追い求めたい」と協会の田嶋会長は言ったみただけど、3年チームを見てきた監督を電撃解任して監督業の現場を離れていた西野技術委員長に引き継がせることの何処に可能性があると言うのか。
    チームスタッフもほぼ総入れ替えになる出直し状態で仮に勝点1を取る奇跡が起きたとしても日本サッカーの成長・発展にはならないと思えます。

    ブラジル大会終了後の監督選考で「W杯で勝つ為にW杯経験監督で」と掲げて選んだ監督だったのに、当のW杯本戦をW杯経験のない隠居してた監督で挑むことになるとはねぇ・・・

    K4NUさん2018/04/11 12:57に投稿

    8
    そう思う!
  • 1.新監督に与えられる準備期間があまりにも短い。
    2.これまで曲がりなりにも積み上げてきたハリルホジッチ監督による強化の是非を評価する機会を永遠に失う。
    3.解任の理由が、サッカーの内容ではなく、選手の不満、スポンサーからのクレームである点。日本サッカーの強化に資する決断ではない。
    4.親善試合に求める内容と結果について、事前によく打ち合わせは出来ていたのかどうか疑問。勝たなければいけない試合については、ホームオーストラリア戦など、きっちり結果を出してきた監督なので、勝たなければ首、という事であれば、また違ったやりかたをした可能性が大きい。
    5.ハリルホジッチ監督に対する誠意を欠く対応。本人は直前まで解任を知らなかったという。改善の要望を出し、改善に必要な猶予期間を与え、それがかなわなければ解任、という段階を踏むべきだった。

    azさん2018/04/09 18:05に投稿

    7
    そう思う!
  • 選手を試す事に重点を置いたマリ戦やウクライナ戦で結果が出ず解任と言うのなら、今後日本代表監督は選手を試す機会すら失われ、長期的視野に立った選手起用が出来なくなる!

    長期的視野を持っているかどうかが、ロシアW杯におけるドイツやイングランドとイタリアやオランダの命運を分けた事を思えば
    今後の日本が辿る道に暗雲が立ち込める最悪の意思決定だと言える。

    ハリルJ楽しみにしてた分、本当に悲しい。

    いのうーさん2018/04/10 00:34に投稿

    7
    そう思う!
  • 本大会2ヶ月前に解任なんて協会の都合の良い代表選手選考ができるようにしただけにしかみえない。
    西野氏にも代表監督のキャリアができるのでスポンサーや協会がハリルを陥れたようにすらみえる。
    成績も別に悪くないしむしろ、西野氏が入ってからの方がギスギスしてみえる。

    これで本大会の成績が悪い時は会長も辞任するべき。

    gyopi3さん2018/04/09 17:05に投稿

    6
    そう思う!
  • 「2050年の約束より2018年のW杯が大切」なような気がして残念に思う。
    ボールを追いかけてサッカーを観るのも面白いと思うが、全体のプレイヤーの動きを予測しながら観るのも違うサッカーの楽しみだと思う。ポゼションサッカーの根本が抜け落ち簡単に「ボール支配率」と訳してしまった事が、観る側を迷走させてしまった原因だと思う。ハリル監督は日本サッカーが強くなるため、ファンも強くならなくてはならない(現実を直視しポゼションの根本を見直す)事を教えてくれる監督だった気がする。個人的には、高い位置でボールを奪って守備ブロックにギャップがあるならショートカウンターもポゼションサッカーのひとつだと思う。

    ichziku_figoさん2018/04/09 20:12に投稿

    6
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ