サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

ハリルも嘆く「どうしてこの時期?」
W杯直前での解任は英断か、愚策か。 

text by

松本宣昭(Number編集部)

松本宣昭(Number編集部)Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph byYohei Osada/AFLO SPORT

posted2018/04/09 21:00

ハリルも嘆く「どうしてこの時期?」W杯直前での解任は英断か、愚策か。<Number Web> photograph by Yohei Osada/AFLO SPORT

'16年にJFA会長に就任した田嶋会長。'15年に代表監督となったハリルホジッチ前監督に解任を告げる役とあいなった。

「緊急事態ということで西野さんに」

 新監督には、代表監督を評価する立場だったはずの西野朗技術委員長の就任が発表された。

「最終的に良いチームにするには、チームが一緒になってお互いに信頼し合い、コミュニケーションを取り合ってやれるからこそ、そういうことができると思いました。それができないと思ったから、この決断に達した。

 緊急事態ということで西野さんにお願いした。内部にいて、今までの準備だとかそういうことを知っていた人がやるべきだと思ったから。

 3週間が短いか長いかはわかりません。逆に短いからこそみんなが集中できる。

 もしも早くやっていたらまた違った摩擦だとかさまざまなものが出たかもしれない。この短い時期だからこそ、西野さんにお願いしたというのはあります」(田嶋会長)

 ロシアW杯本番まで、テストマッチはわずか3試合しかない。日本サッカー界のトップが、継続性を捨ててでも、新指揮官の下で3週間に集中するほうが、W杯で勝つ確率が1%でも上がると言うのなら……僕らはそれを信じるしかない。

関連コラム

BACK 1 2 3
3/3ページ
関連キーワード
田嶋幸三
ヴァイッド・ハリルホジッチ
西野朗
ロシアW杯
サッカーW杯

ページトップ