プロ野球亭日乗BACK NUMBER

大谷翔平、3戦連発のゴジラ超え!
本人納得の“スプラッシュ・ショット”。

posted2018/04/07 19:00

 
大谷翔平、3戦連発のゴジラ超え!本人納得の“スプラッシュ・ショット”。<Number Web> photograph by Getty Images

ESPNやFOXスポーツ、USAトゥデイなど全米の主要メディアがこぞって今日のハイライトとして大谷を取り上げ、今や全米のスターに!

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Getty Images

 ゴジラ超えの3戦連発だ。

 メジャーで二刀流に挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が、現地時間4月6日(日本時間同7日)のオークランド・アスレチックス戦に「8番・DH」で先発出場。2回の第1打席に驚異の3戦連発となる3号本塁打を中堅越えに放った。

 日本人メジャーリーガーで3戦連発はニューヨーク・ヤンキースでプレーしていた松井秀喜外野手以来、史上2人目。松井さんはメジャー2年目の2004年9月と'07年7月の2度記録しているが、ルーキーイヤーでの快記録は史上初となる。

 いきなりの3試合連発弾。

 日本のファンだけではない。チームメイトもメディアも、そしてスタンドのファンもこの23歳の若者に声を失った。

「ウソだろ……」

 打った瞬間、試合を中継していた現地テレビの実況アナウンサーは絶句した。

 スタンドでは一瞬、息を飲んだような何とも言えないどよめきが沸き起こり、それが次の瞬時には大歓声へと変わっていた。

「まず出塁することを考えて……」

 いきなり6点のリードを許して迎えた2回の攻撃だった。

「何とか出塁して1点でも多く取って、後半に入っていこうと思っていたので、まず出塁することを考えて打席に入りました」

 2死走者無しの場面。マウンドは開幕4戦目の登板で投手として投げ合った右腕、ダニエル・ゴセット投手。

 その3球目だった。

 真ん中やや外寄りに変化する151キロのツーシームを大谷の腕がしっかり伸びて力強くはじき返した。

【次ページ】 3本目で、ついに自身納得の本塁打に。

1 2 3 4 NEXT
大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス
マイク・ソーシア
オークランド・アスレチックス
ダニエル・ゴセット

ページトップ