Sports Graphic Number WebBACK NUMBER

五郎丸が語るフィジカルの重要性。
強く、しなやかな肉体を求めて。

posted2018/04/09 11:00

 
五郎丸が語るフィジカルの重要性。強く、しなやかな肉体を求めて。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 2015年のラグビー・ワールドカップが終わってから、五郎丸歩はずっと走り続けてきた。

 W杯後にすぐさまトップリーグでプレーすると、2016年の2月からはスーパーラグビーのレッズ、そしてその夏からフランスのトゥーロンへと活躍の舞台を移していった。

 正直、海外では出番には恵まれなかったが、海外ラグビーの空気を吸うことは五郎丸にとって、大きなプラスになった。

「W杯が終わってから、ずっと重たい荷物を背負ってプレーしてきたような感じでした。次のW杯は日本で行われますし、自分の責任を果たしたい思いも強かったですから。でも、重たすぎましたね(笑)」

フランスで味わった「生きる喜び」。

 しかし、フランスの空気が五郎丸を変えた。

「大きかったのは、トゥーロンでの1シーズンです。トゥーロンでは、世界の超一流プレーヤーと一緒に時間を過ごせたことで、今までとは違う価値観や考え方に触れることが出来たんですよ。基本は『個』を大切にします。みんな、プロとして割り切って活動しているのに、シーズンが終盤になると熱く話し合ったりして。これまでとは違うラグビーに触れられた結果、もう一度ラグビーに対して新鮮に向き合えるようになったと思います。フランスで重たい荷物を降ろすことが出来ましたね」

 フランスでの日々は、五郎丸にラグビーへの情熱を甦らせただけでなく、「生きる喜び」を味わうことも出来た貴重な時間だった。

「生きていることが楽しいと、心底思えました。きれいな海に美味しい食事、素晴らしいワインがある。周りの人たちが干渉してこないので、世界のスーパースターであっても、リラックスして生活が出来るんです。たとえば、プライベートで家族と一緒に町を歩いていても、声はかけてこないですね。会釈くらいかな。だから、選手の家族はトゥーロンで生活するのを本当に気に入っていました」

【次ページ】 上半身と下半身をうまく連動させるために。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
五郎丸歩
ヤマハ発動機ジュビロ

ページトップ