プロ野球亭日乗BACK NUMBER

今度はメジャー最強投手から2ラン!
大谷翔平「価値ある1本」の尊さ。

posted2018/04/05 11:55

 
今度はメジャー最強投手から2ラン!大谷翔平「価値ある1本」の尊さ。<Number Web> photograph by AP/AFLO

2点差で追いかける苦しい展開の中……快心の2ラン! 2日連続の本塁打に、スタジアムは再びのスタンディングオベーションに。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

AP/AFLO

 大谷が価値ある2戦連発の本塁打を放った。

 二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手(23)が、現地時間4月4日(日本時間同5日)のクリーブランド・インディアンス戦の5回、昨年のサイ・ヤング投手、コーリー・クルーバー投手からセンターオーバーの同点2ランを放った。

 ホームデビューから2戦連発で本塁打を放ったルーキーはチーム史上初。

 延長10回には中前安打を放ち、2戦連続のマルチ安打も記録した打者・大谷の快進撃が止まらない。

地元ファンの大きな声援を受けて登場した大谷。

 2つの意味で価値ある一撃だった。

 2点を追う5回の第2打席。エンゼルス打線はクルーバーの前に沈黙し、4回まで1人の走者も出すことができていなかった。

 この回1死から6番のシモンズが三塁前にセーフティーバントを決めて、ようやく初めての走者が出た。

 そして2死後だ。

「ショーヘイ・オオタニー」というコールにスタンドのボルテージが一気に上がる。前日の本拠地デビュー戦でいきなり名刺がわりの本塁打を放った23歳に、地元ファンの期待は一気に沸騰していった。

 その中で大谷が決めた。

 1ボール1ストライクからの3球目。クルーバーのやや外寄りのフォーシームを捉えた。

 打球は大きな弧を描いてセンターにそびえるスタジアム名物の石の山「ロック・パイル」の方向にゆっくり伸びていった。

 インディアンスの中堅手、ブラッドリー・ジマー外野手がゆっくりと追うが、打球が落ちてこない。最後はフェンスにへばりついてジャンプした上を超えて「ロック・パイル」へと飛び込んだ。

【次ページ】 「ヒットでいいかなと思ってコンパクトに振った」

1 2 3 4 NEXT
大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス
クリーブランド・インディアンス
コーリー・クルーバー

ページトップ