猛牛のささやきBACK NUMBER

オリの新守護神・増井浩俊が貫く信念。
リリーバーへのこだわりは新天地でも。

posted2018/04/05 08:00

 
オリの新守護神・増井浩俊が貫く信念。リリーバーへのこだわりは新天地でも。<Number Web> photograph by Kyodo News

新天地では背番号「17」を背負う増井。細身の体から力強い速球を次々と投げ込む。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 昨年12月7日、北海道日本ハムからオリックスへの移籍が決まった増井浩俊は、入団会見で少しはにかみながら言った。

「僕はあまりしゃべるのが得意ではないので、関西の方のボケなどに対応できるか、少し不安です。それに年齢も上のほうなので、若いチームに溶け込めるか、そういう不安もありますね」

 それから約4カ月。オリックスの新守護神は、リラックスした表情で、昨季まで敵地だった京セラドームに現れた。

「もう何の違和感もなく、楽しくやれています。グイグイこられるのはちょっと苦手なんですけど、そういうのはあまりないので。まあ、タクシーのおじさんとかが結構グイグイなんで……ちょっと、静かにしてほしいなーって時もありますけど」

 そう言って控えめに笑う。

オリックスに来たのは「リリーバーができるから」。

 もの静かで、穏やかな語り口。

 彼が感情をあらわにするところは想像しにくい。

 それはマウンドでもあまり変わらない。捕手の伊藤光は増井の印象をこう語る。

「佳さん(平野佳寿/ダイヤモンドバックス)はガッツリ気持ちを前に出してくるタイプでしたけど、増井さんは淡々と投げるというか、落ち着いていますね」

 しかし、もの静かな守護神の内には、実は勝負魂がふつふつと沸いている。

 増井は昨オフにFA宣言し、複数球団の誘いの中からオリックスを選んだ。その理由の1つは、「自分がやりたかったリリーバーをやらせていただけるから」だった。

【次ページ】 バッターとの勝負に集中できるのがリリーフ。

1 2 3 4 NEXT
増井浩俊
北海道日本ハムファイターズ
オリックス・バファローズ

ページトップ