フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

ザギトワの世界選手権不振の理由。
思春期ならでは、必然の悩みとは。

posted2018/04/01 11:30

 
ザギトワの世界選手権不振の理由。思春期ならでは、必然の悩みとは。<Number Web> photograph by ISU/ISU via Getty Images

世界選手権で、エテリ・コーチの胸で泣きじゃくるザギトワ。自分の身体の異変に、どこまで対応できるだろうか……。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

ISU/ISU via Getty Images

 フィギュアスケートでは、何が起きるかわからない。

 この文章を、これまで何度使ってきたか覚えていないほどである。だがそれ以外にどう形容して良いのかわからない、ミラノ世界選手権女子だった。

 平昌オリンピックのトップスケーターの多くが欠場したこの世界選手権で、確かなことが2つだけあった。

 アイスダンスは、パパダキス&シゼロンが3度目の世界タイトルを取るであろうこと。

 そして、女子は平昌オリンピックで金メダルをとったアリーナ・ザギトワが優勝するであろうことだった。

 ところがパパダキスたちは予定通り優勝したものの、アリーナ・ザギトワはフリーで3回転倒して、5位に終わった。

いったいザギトワに何が起きたのか?

 シーズン前半には、SPでジャンプを失敗してフリーで盛り返す、ということを何度か繰り返していたザギトワ。だから決して、元々エフゲニア・メドベデワのようにミスが驚くほど少ない、という選手ではなかった。

 だがGPファイナルあたりから徐々に調子を上げていき、平昌オリンピックでは、団体戦、個人戦を通して一度もジャンプの転倒はなかった。個人戦のフリー『ドン・キホーテ』では、最初の3ルッツの着氷でちょっともたついてソロジャンプになったものの、二度目の3ルッツに3ループをつけてみごとにリカバリーした。

 筆者自身も含め、あの江陵アイスアリーナでのザギトワの演技を生々しく記憶している人々にとって、ザギトワはまるでサイボーグのように正確なジャンパーだという印象ができあがっていた。

 だから女子は優勝はザギトワで、2位、3位に誰が入るかという勝負になるだろうと予想していた。

【次ページ】 ロシア人が絶叫した……フリーの失敗。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
アリーナ・ザギトワ
エフゲニア・メドベデワ
エテリ・トゥトベリーゼ
ユリア・リプニツカヤ
アレクサンドラ・トゥルソワ
グレイシー・ゴールド
平昌五輪
オリンピック

ページトップ