沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

高松宮記念はファインニードル!
ゴドルフィンはJRAをも席巻するか。

posted2018/03/26 11:25

 
高松宮記念はファインニードル!ゴドルフィンはJRAをも席巻するか。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

ゴールの瞬間まで勝ち馬がまったくわからないハナ差の勝利。ファインニードルはこれがGI初制覇だ。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Yuji Takahashi

 スプリント界の新王者の背で、世界の大舞台を席巻する「ゴドルフィン・ブルー」の勝負服が躍動した。

 春のGIシリーズの皮切りとなる第48回高松宮記念(3月25日、中京芝1200m、4歳以上GI)を、川田将雅が騎乗した2番人気のファインニードル(牡5歳、父アドマイヤムーン、栗東・高橋義忠厩舎)がハナ差で優勝。GI初勝利を遂げた。

 2着は桜花賞馬レッツゴードンキ、3着も牝馬のナックビーナス。昨年の覇者セイウンコウセイは6着、1番人気のレッドファルクスは8着に終わった。

 良発表だったが、前日まで稍重だった芝コースは荒れ気味で、力のいる馬場状態になっていた。特にインコースは傷みが目立ち、高松宮記念の前に行われたレースの直線では、ほとんどの馬が馬場のいい外に持ち出していた。

昨年の王者は力を出したが。

 陣営が「逃げ宣言」をしていたセイウンコウセイは1番枠を引いていた。脚質的には絶好と言える枠だが、この馬場状態では、ずっと内を通っていると負担が大きくなる。

 セイウンコウセイは速いスタートを切り、ゲートからの10完歩ほどでハナに立った。しかし鞍上の松田大作は、外から来たダイアナヘイローと無理には競り合わず、半馬身ほど遅れながらも並走する形を選んだ。

 直線で抜け出すと外に持ち出し、ゴーサインを出した。この馬の力を引き出すレースはできた。いわゆる「脚があれば勝てる競馬」に持ち込むことはできた。

 ラスト400mを切ったところでは「連覇達成か!」と思われたが、今年は、さらに速い脚を使う馬が複数いた。

 ラスト200mで、内から伸びてきたレッツゴードンキとダンスディレクターがセイウンコウセイを抜き去った。

 さらに外から香港のブリザードとファインニードルが追い上げてくる。

 レッツゴードンキが抜け出した。外からファインニードルが並びかけ、鼻面を揃えたところがゴールだった。

【次ページ】 国外居住馬主による初のJRA・GI勝利。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
ファインニードル
ゴドルフィン

ページトップ