モーターサイクル・レース・ダイアリーズBACK NUMBER

日本人なら今年のMotoGPは必見!
ホンダ対ヤマハの構図と中上貴晶。

posted2018/03/16 07:00

 
日本人なら今年のMotoGPは必見!ホンダ対ヤマハの構図と中上貴晶。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

例年にも増して今年のチームの雰囲気が良いと感じているというマルケス。

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph by

Satoshi Endo

 2018年シーズンが今年も中東の国カタールで開幕する。これがアップされるころには初日のフリー走行が始まっていると思うが、どんな結果になっているのか、想像するだけでわくわくする。

 そこで、開幕までの各チームのテストの進行状況を書いておきたい。

 今年のウインターテストは、昨年の11月に最終戦バレンシアGPの行われたスペイン・バレンシアで2日間、年が明けて1月下旬にマレーシア・セパン、2月中旬に今季初開催となるタイ・チャン・インターナショナル・サーキット、3月上旬に開幕戦の舞台となるカタール・ロサイル・インターナショナル・サーキットで、それぞれ3日間行われた。そのほか、プライベートテストを実施しているメーカーチームもあるが、概ね、合計11日間の公式テストに参加して新しいシーズンを迎える。

 この11日間のテストを終えて、昨シーズンからの伸びしろをもっとも感じさせたのはホンダ陣営である。

 ホンダは過去2年、マルク・マルケスがチャンピオンを獲得しているが、ホンダ勢全体の平均点としては決して高くはなかった。つまり、マルケスのライダーパフォーマンスの高さと頑張りがタイトル獲得につながっていたのだが、今年は、チームメートのダニ・ペドロサ、LCR・ホンダ所属でホンダワークス契約となったカル・クラッチローの仕上がりが非常に良く、その2人も、公式テストでトップグループの常連となっていた。

今年のホンダはエンジンを大幅改善!

 大きく改善されたのはエンジン。

 これまでは、ありあまるパワーをうまく使えず、スピニングやウィリーなどでスピードをロスしていたホンダRC213Vだが、今年はマイルドな味付けになり、パワーを有効に使えるようになった。

 ライダーの感覚としては、これまでとくらべてパンチのないエンジンになったようだが、レースでもっとも大事な連続周回のアベレージがあがったこと。それが結果としてベストタイムにもつながった。

【次ページ】 マルケスは3年連続王者になれるか?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
マルク・マルケス
ダニ・ペドロサ
カル・クラッチロー
マーベリック・ビニャーレス
バレンティーノ・ロッシ
アンドレア・ドビツィオーゾ
ホルヘ・ロレンソ
アレックス・リンス
アンドレア・イアンノーネ
中上貴晶

ページトップ