Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<2018年のプロ野球を読む>
平松政次が語る「フィールドのNo.1プレーヤーたち」 

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2018/03/29 11:00

<2018年のプロ野球を読む>平松政次が語る「フィールドのNo.1プレーヤーたち」<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

王さんクラスに打球が速い男。

打者編

筒香嘉智(横浜DeNAベイスターズ)

配球を狂わせる打球の速さ。

 タイプ的には、打球が放物線を描く王貞治さんのようなホームランバッターではなく、ライナー性の打球を飛ばしていく中距離バッターだと思います。ただ体の力が強いから打球が飛んでホームランにもなる、という感じですよね。左右に鋭いライナーを打てるし、長打もある。その意味で穴のないバッターだと言えるでしょう。

 王さんはボールを体の近くまで引きつけて、バットを下に入れて打球を上げる技術がものすごく高かった。王さんができたのですから、筒香も練習すれば同じことができるはず。そうすればホームランが増えて、もっとすごいバッターになれるとは思いますが、いまのスタイルで侍ジャパンの4番を任されるほどの地位を築いたわけで、ホームランバッターに変える必要はないと思います。アベレージ狙いのバッティングではないので三冠王は難しいかもしれませんが、相手ピッチャーに怖がられるバッターになっていると思います。

打球が速いと投手は怖い。

 王さんと甲乙つけがたいのは打球の速さ。これは大きな武器です。

 昔のチームメイトにジョン・シピンという外国人選手がいて、キャンプなどで打撃投手をしたことがあります。彼も打球がものすごく速くて、ピッチャー返しが怖いからアウトコースに投げられませんでした。配球に影響を与えてしまうくらい、バットスイングの速さ、打球の速さに対してピッチャーは恐怖心を抱くものなんです。

 20年ぶりのリーグ優勝が現実味を帯びるDeNAの主砲として活躍してくれることを期待しています。

鈴木大地(千葉ロッテマリーンズ)

走攻守そつなくこなすチームの中軸。

 2年連続で全試合に出場しているということが、鈴木の価値の高さを物語っていると思います。

 あの小さい体ですから、何か一つでも劣っているものがあると、なかなかスタメンで使ってもらえない。打つほうにしてもそれなりにアベレージを稼げて、出塁すればエンドランなどの足を絡めた攻撃もできる。守備もそつなくこなせて、昨季はセカンドでゴールデングラブ賞を獲りました。走攻守の三拍子がどれも平均点以上にあるから、ゲームに出られるし、途中で誰かに代わることもなく最後までグラウンドに立っていられる。こうした総合力の高さが鈴木の武器でしょう。

 打てるけど走れない、打てるけど守れないという選手はたくさんいますけど、どの要素も平均以上にこなせる存在は貴重ですし、他の選手の模範になります。

小さな振りでヒットゾーンへ。

 鈴木のようなバッターは、ピッチャーとしてはイヤだと思います。ホームランはないだろうからと簡単にいくのは間違いで、バットの振り幅が小さくてヒットゾーンに飛ばしていくから、スコアリングポジションにランナーがいる時は非常に警戒すべき相手になってきます。イニングの先頭打者として攻撃の起点にもなれるし、飛び抜けたものは持っていなくてもすばらしい選手だと思います。

 それに加えてリーダーシップがあって、チームを引っ張っていける存在でもある。今季、井口資仁新監督のもと復活を期すロッテのキーマンであることは間違いないでしょう。

【次ページ】 超人はいまだ健在。

3/4ページ
関連キーワード
平松政次

ページトップ