Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<2018年のプロ野球を読む>
平松政次が語る「フィールドのNo.1プレーヤーたち」

posted2018/03/29 11:00

 
<2018年のプロ野球を読む>平松政次が語る「フィールドのNo.1プレーヤーたち」<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph by

Sports Graphic Number

一流の選手には、一流になるだけの理由がある。今シーズンもプロ野球界をリードするトッププロ8人のそれぞれの武器を、平松政次が解説する。

投手編

菅野智之(読売ジャイアンツ)

安定感抜群で、すべての球種が満点。

 ストレート、スライダー、ツーシーム系のボール、どれをとっても100点です。バッターとしては、「これが来たら打てる」という球種はないでしょうね。

 特筆すべきはやはりストレート。初速と終速がほとんど変わらないで、投げた瞬間の勢いそのままにベースのところまで来るから、バッターは脅威を感じる。速さというより"すごさ"を感じているはずです。

体ごと投げるような重さ。

 私なんかは軽いボールを投げようと努力していたんですよ。きれいな伸びのあるボールというか、そのほうが空振りが取れると言われていた。金田正一さんや村山実さんといった昔の本格派やメジャーのランディ・ジョンソンなんかもそうでしたし、いまでも、すらっとした体格で、体のしなりを利かせて伸びのあるボールを投げようとするピッチャーのほうが多いと思います。

 その点、菅野はいかにも頑強そうな体格で、体ごと投げるようなフォーム。すべての体重を乗せてくるからボールが重い。菅野の投球を見て「伸びがありますね」と解説している人はいないんじゃないかな。昔、東映フライヤーズにいた尾崎行雄さんが同じようなボールを投げていましたけど、珍しいタイプだと言えると思いますね。

 つけいるスキは……ない(笑)。コンディショニングさえ間違えなければ、不安はない。一昨年は救援に勝ちを消された不運もあって9勝止まりでしたが、防御率は2.01。昨季は17勝(5敗)で1.59という成績ですから、安定感は球界ナンバーワンです。昨季に続いて沢村賞候補の最右翼であることは疑う余地もありません。

菊池雄星(埼玉西武ライオンズ)

三振が奪える自慢のストレート。

 昨季は最多勝(16勝)と最優秀防御率(1.97)のタイトルを獲り、大きく飛躍しました。入団した時から将来のエースと言われてきましたが、ここにきてボールがかなり速くなりましたね。

 本人の話によれば、土肥義弘コーチと取り組んだフォームの改造がハマったそうです。右肩を少し上げて、投げるほうの左肩を下げるようにした。そうすることで軸足にしっかりウェイトが乗り、踏み出した時に体にしなりが生じて速さにつながるというわけです。昔の写真なんかを見ると、我々もそういう投げ方をしているんですね。

ストレートに生まれた自信。

 少し前まではボールが暴れることがあって、このストレートで勝負できるんだという自信がいまひとつなかったような気がします。それがフォーム改造によって自信が芽生えて、抑えるたびにまた自信がついてきた。昨季はストレートで勝負にいって三振を取る場面が多く目につきましたし、「打てるものなら打ってみろ!」という強い気持ちがかなり感じられるようになりました。問題は、今季もそれを続けられるかどうかでしょう。

 昨季はシーズン途中に二段モーションを指摘されながらも、うまく修正して乗り切りました。今季からは二段モーションがOKになりましたが、ピッチャーとしては投げやすい形を追求したら二段モーションになったというだけであって、バッターのタイミングを外そうという意図はそれほどない。雄星は昨季、修正してうまく対応できたわけですから、その調子のいいフォームのままシーズンに臨んでもいいと思います。

【次ページ】 育成出身のあの選手も。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
平松政次

ページトップ