野球のぼせもんBACK NUMBER

SB本多雄一が「最強ボディ」に激変!
号泣と猛練習でレギュラー奪取宣言。

posted2018/03/13 08:00

 
SB本多雄一が「最強ボディ」に激変!号泣と猛練習でレギュラー奪取宣言。<Number Web> photograph by Kyodo News

ヤフオクドームの左翼に本塁打を放ち、笑顔でベンチに戻る本多。

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph by

Kyodo News

「最強ボディ!」

 グラウンドで大声が飛ぶ。野次将軍は松田宣浩だ。

 それは宮崎春季キャンプでの出来事。シートノックの時間だ。ホークスのそれはとにかく活気に溢れている。かつての主将・小久保裕紀が提唱した「アマチュアの手本になる練習を」との志がずっと息づいている。

 なかでも松田や川島慶三が率先してムードメーカーになる。特に松田の声出しはおもしろい。

 強肩捕手の甲斐拓也が投げれば「いいよ! バズーカーーー」。

 柳田悠岐が普通に捕球するだけで「よっ! 会長(今年から選手会長)」と煽て、先輩で主将の内川聖一にも「キャップ、キャップー!」と絡む。そのたびにスタンドがどっと沸いて、明るい雰囲気を作り出すのだ。

「最強ボディ!」

 その声の先にいたのは、二塁手の本多雄一だった。

「ったくもう、ずっと毎回言ってくるんだから(笑)」

 そんな風にボヤきつつも、まんざらでもない表情だ。

「オフの間に体重を4kg増やしました。ホークスでは選手全員がインボディ測定を定期的に行うのですが、筋肉量はプロ入りして最高でした」

 この話がスポーツ紙の記事になり、松田の“ネタ”に加えられてしまったのだ。

本多が逆方向にHRを!!

 その後オープン戦が始まり、3月6日のライオンズ戦(ヤフオクドーム)でのこと。

 2番セカンドでスタメン出場した2打席目だ。レフトへ流し打った打球が、なんと、フェンスを越えていった。

 着弾点は「ホームランテラス」だったとはいえ、本多が逆方向へホームランを打ったのを初めて見た。

【次ページ】 昨季は「プロ12年間で一番悔しいシーズン」。

1 2 3 4 NEXT
本多雄一
福岡ソフトバンクホークス
松田宣浩
小久保裕紀
川島慶三
甲斐拓也
柳田悠岐
内川聖一

ページトップ