F1ピットストップBACK NUMBER

アルファ・ロメオ30年ぶりF1復帰。
フェラーリの後押しと数奇な縁。

posted2018/03/11 17:00

 
アルファ・ロメオ30年ぶりF1復帰。フェラーリの後押しと数奇な縁。<Number Web> photograph by Sauber

アルファ・ロメオ・ザウバーの2018年マシン「C37」。アルファ・ロメオのエンブレムがひときわ目立つ。

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

Sauber

 今年のF1はオールド・ファン、とりわけイタリア人にとっては特別なシーズンである。

 あの「アルファ・ロメオ」がF1に帰ってきたからだ。

 アルファ・ロメオは、20世紀初頭に創業したイタリアの高級老舗自動車メーカーで、社名はイタリア語のAnonima Lombarda Fabbrica Automobili(ロンバルダ自動車製造株式会社)の頭文字のALFAと、技術者であり、1918年にALFAを買収したニコラ・ロメオの姓を組み合わせたものだ。

 モータースポーツの長い歴史のなかで、F1が誕生した1950年の最初のレースとなったイギリスGPで優勝したのがアルファ・ロメオだ。その年の選手権も制し、初代チャンピオンに輝いている。

 エンジンのサプライヤーとしてF1に参戦した1988年以来のF1復帰は残念ながら、コンストラクター(チーム)でもなく、パワーユニット供給でもなく、スイスに本拠地を置くザウバーへの技術的パートナーシップ。

 だが、2017年まで「ザウバーF1チーム」としてエントリーしていたザウバーが、2018年からは「アルファ・ロメオ・ザウバーF1チーム」で登録され、アルファ・ロメオの名前が、30年ぶりにF1に復活することには変わりない。

フェラーリ創業者とアルファ・ロメオの縁。

 そのアルファ・ロメオ復活を後押ししたのが、フェラーリだということも忘れてはならない。

 フェラーリの創業者であるエンツォ・フェラーリがこの世界に入ったのは、23歳のとき。テストドライバーとしてアルファ・ロメオに雇われたのがきっかけだった。

 だが、レーシングドライバーとしては花を咲かせることができず、エンツォは1929年、自らのレーシングチーム、「スクーデリア・フェラーリ」を設立。レース活動を運営する人生をスタートさせる。

 F1がスタートした1950年には、常勝軍団アルファ・ロメオの前に一敗地にまみれたフェラーリだったが、1951年のイギリスGPでF1初優勝を遂げ、雪辱を果たした。このときエンツォは、自分のレース人生をスタートさせてくれたチームを打ち倒した気持ちを、次のように表現して、複雑な心境を吐露した。

「私は母親を殺してしまった」

 そのエンツォが、この世に生を受けたのが1898年。つまり、今年はエンツォ生誕120周年のメモリアルイヤーでもある。

【次ページ】 フェラーリが世界中で尊敬され続ける理由。

1 2 NEXT
1/2ページ
関連キーワード
アルファ・ロメオ
フェラーリ
ザウバー

ページトップ