スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

イチローとマリナーズの再挑戦。
古巣でのリスタートを期待する。 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/03/10 11:00

イチローとマリナーズの再挑戦。古巣でのリスタートを期待する。<Number Web> photograph by AFLO

マリナーズ復帰会見、チームは「WELCOME HOME」の文字でイチローを迎え入れた。

久々の年間100安打を達成できれば。

 むしろ問題は、球団の首脳陣が、年齢という先入観に惑わされずにいられるかどうかだ。高齢になっても活躍したスポーツ選手には、節制と訓練と経験の三拍子がそろっている。もちろんそこには、丈夫な細胞やタフな神経という要素も入り込んでくるが、イチローの心身は、いま挙げた条件をすべて満たしているのではないか。

 あまりに楽天的な希望ばかりを述べて、ひいきの引き倒しと思われるのも癪なのだが、2018年のイチローは、'17年に比べてきっと出場機会が増えると思う。昨年まで3年間在籍したマーリンズは、外野の駒があまりにもそろいすぎていた。

 仮に今季、イチローが330回打席に立ち、300打数で2割7分の打率を残せば、通算安打数も3160本を超える。となれば、あのジョージ・ブレットを抜いて史上16位(19世紀のキャップ・アンソンを含む)にランクされるが、私の希望は350打数で2割8分強の打率だ。

 つまり久々の年間100安打。この水準の数字をこつこつと積み重ねていけば、「50歳現役」という目標も実現に近づいていくのではないか。

関連コラム

BACK 1 2 3
イチロー
シアトル・マリナーズ
ケン・グリフィー・ジュニア

ページトップ