ROAD TO THE DERBY 2018BACK NUMBER

福永祐一、悲願のダービー制覇は?
ワグネリアンは負けて更に強くなる。

posted2018/03/07 11:15

 
福永祐一、悲願のダービー制覇は?ワグネリアンは負けて更に強くなる。<Number Web> photograph by Photostud

父はディープインパクト、母の父はキングカメハメハ。ワグネリアンはまさに日本の黄金血統なのだ。

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph by

Photostud

 5月27日に東京競馬場で行われる競馬の祭典「日本ダービー」。
 世代のナンバーワンを決める1戦へ向けて、続々と注目馬が登場している。果たして、栄光をつかむのはどの馬なのか。この連載では、毎回、期待の新鋭をピックアップ。その知られざる馬と人との物語をお届けします。第3回は3月4日の弥生賞(GII、中山、芝2000m)で2着にきたワグネリアンのストーリーです。

 ショックが大きいだろうシチュエーションでもしっかりと会見をする福永祐一。無敗のワグネリアンで弥生賞に挑戦し、2着に敗れた後も報道陣の前に姿を現してこう語った。

「返し馬が終わった後、ゆっくりと歩けないくらい気が入り過ぎてしまいました。体も減っていたし、最後は気負った分、追い込み切れませんでした」

 それでも大きく悲観してはいなかった。

「結果的に勝ち馬は昨年の2歳チャンピオン(ダノンプレミアム)だし、この状況の中でこれだけ走れたのは良かったです」

 実際、レースぶりに関しては悪くなかったという。

「スタートは出てくれたし、道中もリラックスして落ち着いて走ってくれました。連勝が途切れたのは残念だけど、今後は厩舎スタッフとより密にコミュニケーションをとって、本番へ向けて修正して行こうと思います」

 ジョッキーの言葉から、弥生賞の敗因の1つに気負っていた、つまり精神面の幼さがあったことがわかる。

 そして、それは管理する友道康夫調教師がレース前から危惧していたことでもあった。レース前に不安点を尋ねると、彼は言った。

「競馬へ行って落ち着きを欠く点があるので、それがどう出るかでしょう」

【次ページ】 新馬戦から32秒台の末脚を披露。

1 2 3 NEXT
ワグネリアン
福永祐一

ページトップ