オリンピックPRESSBACK NUMBER

寒いと運動能力は落ちる……のか?
冬季競技の選手が戦う過酷な環境。

posted2018/02/26 08:00

 
寒いと運動能力は落ちる……のか?冬季競技の選手が戦う過酷な環境。<Number Web> photograph by Asami Enomoto/JMPA

-15℃での開幕式という寒さが話題になったが、その寒さに適応するのも勝負のうちなのだろう。冬季のアスリートは過酷だ。

text by

増田晶文

増田晶文Masafumi Masuda

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto/JMPA

 雪やこんこ、霰やこんこ♪

 けどなぁ、とオッサンはつぶやく。

 イヌよりネコが好き。60歳までひい、ふう……あと数年。この寒く冷たい季節に身体を動かすのは、正直しんどい。

 炬燵で三ヶ日ミカンの皮をむくか、銘酒「丹澤山」の熱燗をちくとやりたいもんだ。あるいは温泉もええなあ。

一流アスリートも「寒いっすよ!」。

 そんな私も、平昌冬季オリンピックは熱心にテレビ観戦していた。

 そして、かつてノルディック複合やジャンプ、アルペンにスピードスケート、スケルトンを熱心に取材した日々がよみがえってきた。

 荻原健司や河野孝典、船木和喜ら往年の五輪メダリストたちと雑談するたび、私はボヤいたもんだ。

「こんな寒いところで、よくスポーツする気になりますね」

「だって、雪と氷がないと冬の競技は成立しないじゃないですか」

「ここだけの話だけど、寒くないの?」

「実際、寒いっすよ! だけどガマンできる。でも、僕らが寒い冷たいに強いっていうより、いつの間にか慣れたという感じですね」

 かくいう名選手たちの中には、忍び寄る冷気のせいか、しっかり鼻水をたらしてる人もいたっけ……。

 とはいえ、現場にみなぎるパッションと緊張感は、間違いなく零下の気温をも凌駕していた。改めて、過酷な気候条件のもとタイムや距離、演技の完成度を競い、スキーにスケート、ソリなど道具を見事に操る冬季スポーツのアスリートたちに敬意を表したい。

【次ページ】 寒いと運動能力は当然下がる。

1 2 3 4 5 NEXT
平昌五輪
オリンピック

ページトップ