オリンピックPRESSBACK NUMBER

スマイルジャパン、3人娘の「原点」。
苫小牧東高で過ごした3年間の重み。

posted2018/02/14 08:00

 
スマイルジャパン、3人娘の「原点」。苫小牧東高で過ごした3年間の重み。<Number Web> photograph by Nobuko Kozu

最終予選での米山知奈、大澤ちほ、鈴木世奈(左から)。まずは1勝を手にしてほしい。

text by

神津伸子

神津伸子Nobuko Kozu

PROFILE

photograph by

Nobuko Kozu

 スマイルジャパンの副将、米山知奈は走っていた。

 高級ホテル「ザ・プリンスパークタワー東京」の地下宴会場近くの広い廊下を、真っ赤な薔薇がアレンジされた大きな花瓶の横を駆け抜けていく。

 昨年12月、女子アイスホッケー日本代表メンバーが発表された日のことだ。会見時間の直前にそこにいるという事は、つまりそういう事だ。

「代表決定おめでとうございます」

 迷わず声をかけると、「ありがとうございます!」。

 満面の笑みが眩しく、透けるような白い肌が紅潮していた。一旦足を止めたが、また全力で走り去った。

 なぜ走っていたのだろう。いつもインタビュー時に聞こうとしているのに、いつも忘れてしまう。

田中将大も走った広大な林の中を。

 10代の3年間も、米山は走っていた。走っていたのは、北海道苫小牧市にある原生林。スマイルジャパンの主将・大澤ちほ、副将・鈴木世奈と一緒だった。高校時代をともにした3人は、代表チームの中核を担っている。

 彼女たちが走っていた林は、ドジャースの田中将大が卒業した駒澤大学附属苫小牧高校(以下、駒大苫小牧)の北に位置する、2000haはあろうかという北海道大学の研究林である。東京ドーム何個分とか、そんな生易しい表現では言い表せない広大さだ。

 マー君も走っていたその道のりを、苫小牧東高校(以下、苫東)の同級生だった3人娘は男子部員と一緒に走っていた。氷上練習がない日は、約14km走っていたという。

「間違いなく将来のオリンピック選手になる」と、鳴り物入りで苫東に入学して来た3人。

「意欲的に練習に取り組んでいて、男子に負けないぐらいスキルも高かった」と、懐かしそうに当時を振り返るのは、苫東アイスホッケー部の田中正靖監督だ。

【次ページ】 氷上の練習時間は1日1時間半だけだった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
大澤ちほ
鈴木世奈
米山知奈
田中正晴
平昌五輪
オリンピック

ページトップ