フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

団体戦で見えたフィギュアの最新情勢。
カナダ優勝の理由と日本5位の意味は? 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2018/02/13 17:00

団体戦で見えたフィギュアの最新情勢。カナダ優勝の理由と日本5位の意味は?<Number Web> photograph by Asami Enomoto

メダル候補のライバルたちに転倒が相次ぐなか、安定した演技で唯一の100点台を叩き出した宇野。

貫禄を見せつけ、堂々トップに立ったメドベデワ。

 トップに立ったのは、エフゲニア・メドベデワである。

 これまで見せたことのない厳しい顔でリンクの中央に立ち、しばらく目をつぶってから演技を開始。ステップシークエンスの最後でほんの一瞬バランスを崩したものの、後半のジャンプはすべて完璧に跳んだ。

「ものすごく集中しました。少し集中しすぎていたかも。もう少しリラックスすればよかったかもと思っています」と演技後にコメントして笑顔を見せた。81.06を獲得して自分が持っていた歴代最高スコアを更新した。

 宮原はカロリーナ・コストナー、ケイトリン・オズモンドに続いて4位だった。

アイスダンスの村元&リードは5位と、十分に健闘!

 アイスダンスのショートダンスでは、カナダの、テッサ・バーチュ&スコット・モイアが1位となった。

 日本の村元哉中&クリス・リードは、最後までスピードの落ちない演技で10組中5位と好成績をおさめていた。「落ち着いて最後まで滑ることができました」と村元が安堵したように語っていたのが印象的だった。

 SP4種目すべてが終わった時点で――日本は全体4位で無事フリーへ進出を果たすことになった。

ペアフリーはカナダが堂々の1位を獲得。

 2日目の終わりに、ペアフリーが行われた。

 進出したトップ5カ国のうち、須崎&木原が最初の滑走だった。

『ロミオとジュリエット』のプログラムで、冒頭のサイドバイサイド3ルッツは決まったものの、その後スロウジャンプで2度とも失敗。5組中5位に終わった。

「最初だったのでチームジャパンに勢いを付けたかったが、技の1つひとつで練習でやっていたものが出せなくて、すごく悔しい」と木原が演技後に残念そうにコメントした。

 ペア1位はカナダのデュハメル&ラドフォード。イタリアのマルケイ&ホタレツクが健闘して2位、OARのザビアコ&エンベルトが3位だった。

【次ページ】 田中刑事「今日の失敗を生かす」。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
宇野昌磨
パトリック・チャン
ネイサン・チェン
須崎海羽
木原龍一
エフゲニア・タラソワ
ウラジミル・モロゾフ
宮原知子
坂本花織
エフゲニア・メドベデワ
カロリーナ・コストナー
テッサ・バーチュ
スコット・モイア
アリーナ・ザギトワ
長洲未来
平昌五輪
オリンピック

ページトップ