オリンピックPRESSBACK NUMBER

“つたない英語”が高木美帆を変えた。
オランダ人コーチが支えた銀メダル。 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byTsutomu Kishimoto/JMPA

posted2018/02/13 11:30

“つたない英語”が高木美帆を変えた。オランダ人コーチが支えた銀メダル。<Number Web> photograph by Tsutomu Kishimoto/JMPA

コンマ2秒差で頂点に届かなかったとはいえ、オランダ最強の一角を崩したことに高木美帆の価値はある。

「美帆の結果は、誰もが誇りに思うべきものだ」

 スタートでは珍しくフライングを犯した。しかし、こうも感じていたという。

「雑念も入っていたので、フライングを取ってもらったときに、“あ、落ち着けってことだな”ととらえて、気持ちをリセットできた」

 あくまで冷静だった。

 号砲。序盤から快調なラップを刻み、最初の300mを25秒50で入ると、その先の2周はラップの落ちを1秒程度にとどめる力強い滑り。ラスト1周こそタイムを落としたが、最後まで全力で滑り抜け、1分54秒55でゴールした。

 レース後、ヨハンコーチと抱擁した高木美帆の目には涙が浮かんでいた。

「うれし涙というよりは悔し涙の方が強いんですけど、ここまで来ることができたという思いも、少しはあってほしいなと思います」

 日頃から自分を俯瞰する目を持っている高木美帆らしい、客観的なコメントに、喜びをにじませた。

 ヨハンコーチは、「美帆の結果は、誰もが誇りに思うべきものだ。私も誇らしい。ここは五輪。重圧の中で戦った」と称えた。

 表彰式を終えて取材エリアに来た高木美帆はすでに先のレースを見据えていた。

「(1500mでは)ブスト選手の方が強かったと思うけど、この先の1000m、チームパシュートで勝てないとは決して思っていない。2種目、チャンスがあるのがありがたい。オランダ勢も同じ人間。自分たちもできる。チャレンジャーとして戦いたい」

 銀で満足しない23歳は、力強く言った。

<平昌五輪直前総力特集>最強のふたり。

関連コラム

BACK 1 2 3
高木美帆
イレイン・ブスト
ヨハン・デビット
平昌五輪
オリンピック

ページトップ