JリーグPRESSBACK NUMBER

岡野より俊足、自己管理、強運。
平川忠亮は浦和で生き残り続ける。 

text by

佐藤亮太

佐藤亮太Ryota Sato

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/02/11 09:00

岡野より俊足、自己管理、強運。平川忠亮は浦和で生き残り続ける。<Number Web> photograph by Getty Images

ACLを含む様々な大会で浦和のために戦ってきた平川。心身両面でのタフさは、柏木らも感服しきりだ。

「契約をもらった以上、責任感を持って」

 平川は2017シーズンを終えて、こう振り返っていた。

「契約をもらえるかどうか、緊張というか……どうなるか分からないと思った。でも、ちょうどそのとき監督が堀さんになって、使ってもらうようになった。チャンスをもらえずに終わっていくのがよくある終わり方だけど、チャンスをもらえているから精一杯やって、それでダメなら開き直ろうと思った。正直、この年齢だから、どうなっても仕方がない、そう思いながら全力を出し尽くした」

 その気概は2018年も続いている。

 2次合宿中の川崎フロンターレとの練習試合でのこと。右サイドからドリブルで仕掛けた平川が縦に抜けてクロスを上げ、FW興梠慎三がヘディングシュート。惜しくもポスト直撃だったが、タイミングは合っていたのだろう。興梠はすまなそうに平川に向けて手を挙げていた。

「契約をもらった以上、責任感を持ってやらなければならない。やりたくてもやれない選手がいるなか、若い選手以上にやらなければならない」

 そんな一念がこもったプレーだった。

小野伸二らに引っ張ってもらった力を若手に。

 平川が生まれた1979年は、小野伸二(札幌)を筆頭に黄金世代と言われ、いまだ現役を続ける選手が多い。日本サッカーにとって特別な世代だ。

「周りに良い選手がいたから、ここまでやってこられた。ワールドユースや日本代表に入った彼らに引っ張ってもらった」

 A代表招集経験こそない平川だが、その背中を見て育った選手は多い。例えば宇賀神友弥は平川とのマッチアップで技術を学び、盗み、自分の武器に変えてきた。

【次ページ】 「ヒラさんには尊敬の気持ちしかない」(柏木)

BACK 1 2 3 4 NEXT
3/4ページ
関連キーワード
浦和レッズ
平川忠亮
柏木陽介
宇賀神友弥
堀之内聖

ページトップ