野球クロスロードBACK NUMBER

渡辺直人、涙のトレードから8年後。
引退ではなく楽天復帰で「恩返し」。

posted2018/02/10 07:00

 
渡辺直人、涙のトレードから8年後。引退ではなく楽天復帰で「恩返し」。<Number Web> photograph by Kyodo News

楽天時代の2010年、サヨナラ打を放ち大喜びする渡辺直人。楽天ファンの思い入れも強い選手だ。

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 背番号「26」に特別な想いはない。

「何番でもよかった。空いている番号を選ばせてもらっただけですよ」

 そう言って、楽天の渡辺直人は顔をほころばせる。

 何よりも重要なのは、8年ぶりに古巣に帰ってこられたこと。久しぶりに足を踏み入れたKoboパーク宮城(現・楽天生命パーク宮城)のロッカー。泥まみれになりアピールを続けたキャンプ地・久米島……。プロ入りから4年間過ごした球団への愛着がじわり、じわりと自身の胸に押し寄せてくる。

 直人が、楽天に帰ってきた――。

 春季キャンプ。そこには、8年前と変わらない直人の姿があった。

 室内練習場を出るとサインを求めるファンが行列を作り、直人は最後のひとりまで丁寧に応じる。それは、彼にとって当たり前のファンサービスなのだろう。

 直人が静かに口を開く。

「ライオンズ時代も、仙台で試合をするとたくさんのファンが声をかけてくれたから」

 今でも、直人は楽天への感謝の気持ちは忘れていない。むしろ、ますますその想いは強まっている。

「やりきった」から「やりきりたい」への情熱。

 本音を言えば、昨年、西武を戦力外となった際に「やりきった」という感情が芽生えた。37歳。ベテランと呼ばれる直人にとって、それは「引退」の二文字を意味していた。

 その直人に、真っ先に声をかけたのが、古巣の楽天だった。

 心が震える。「やりきった」から「やりきりたい」へ――直人に情熱が沸き立つ。

「プロ野球選手にとって理想なのは、最初に入った球団で終わることだけど、また呼んでもらって。年齢的にもここが最後になると思うと、『イーグルスに恩返しをしたい』という気持ちは強いですね」

 直人のこの言葉。ファンの琴線に間違いなく触れる。あの、「涙のトレード」から8年。誰からも愛された男が、再びクリムゾンレッドのユニフォームを着てプレーするのだ。

【次ページ】 「いつかまた、イーグルスに呼ばれる選手になる」

1 2 3 NEXT
渡辺直人
東北楽天ゴールデンイーグルス
埼玉西武ライオンズ
横浜DeNAベイスターズ

ページトップ