ロビンソン・カノーの名言 

今日の名言 

打てなくたって悲観はしなかったよ。誰だって一番高いレベルに上がればアジャストに時間がかかる。僕がやるべきことは、常に一生懸命プレーすることだと思っていた。

ロビンソン・カノー(MLB)

2018/02/06

3Aからヤンキースに昇格したばかりの頃、手厳しいニューヨークのメディアは、エラー、凡退と期待外れのプレーをつづける22歳のカノーに対し、早々に失格の烙印を押した。だが、間もなくしてカノーは別人のように打ち始め、新人王の有力候補となる。周囲の雑音に惑わされず、自分を信じてやるべきことをやる。誰にでもできることではないが、それができたからこそ、今でも第一線で活躍できているのだろう。

Number634号(2005/08/11)

ページトップ