格闘技PRESSBACK NUMBER

井上尚弥相手でも、絶対に逃げない。
田口良一が「強いヤツ」を探す理由。

posted2018/01/21 08:00

 
井上尚弥相手でも、絶対に逃げない。田口良一が「強いヤツ」を探す理由。<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

世界王者乱立の時代でも、2団体統一王者は日本で田口良一しかいない。見た目以上に豪胆なボクサーである。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Shigeki Yamamoto

 WBA、IBF世界ライトフライ級王者、田口良一、31歳、ワタナベジム所属。2団体の統一王者となり、ライトフライにおけるトップ・オブ・トップの戦いに繰り出している。

 大晦日の2団体王座統一戦で、田口は一段と株を上げた。

 IBF王者ミラン・メリンド(フィリピン)は昨年5月、八重樫東に衝撃の初回TKO勝ちして暫定王者から正規王者となった猛者。そのメリンドに対し、いつものように尻上がりにテンポを上げていく「田口スタイル」で圧倒して3-0判定勝ちした。

 試合から2週間が経ち、傷ひとつない顔をこちらに向けた。

「9回が終わって、トレーナーに“ポイントで負けているから行け”と言われて(倒しに)行ったんですけど、楽しいと思いながらやっていました。精神的、体力的に余裕がありましたし、メリンドは気持ちが強くて、打ち合いながら楽しいなって。トレーナーに“あと2回早く、ペースを上げていたらKOできていたんじゃないか”と言われたので、そこは次の試合に向けた課題かなって思いますね」

相手を見切ってから押し切る強者の戦い方。

 実際は、9回までポイントで負けていない。ジャッジ3者ともにメリンドを支持したのは1、5、9回。それ以外は威力のある左ジャブを小気味よく当て、左ボディー、右ストレートを中心に優勢に試合を進めていた田口に支持が集まっていた。

 だが受け身に回った9回の流れを引きずってしまえば勝ち切れないどころか、ダウンを許せば逆転される可能性もある。その危険性を感じ、チーフセコンドの石原雄太トレーナーがハッパを掛けたというのが真相だろう。

 冷静に戦っていた田口も焦っていたわけではない。スイッチを押すタイミングを図っていた。終盤の3ラウンドでは余力のある田口と、余力のないメリンドの差が如実に表れた。

 相手を見切ってから押し切る「横綱相撲」、いや「チャンピオンボクシング」と言うべきか。打ち合いを楽しむほどの余裕に、田口の進化を見る思いがした。

【次ページ】 井上尚弥との対戦を熱望し、負けたものの評価を上げた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
田口良一
井上尚弥
八重樫東
ミラン・メリンド

ページトップ