Number ExBACK NUMBER

井上尚弥は一見「普通の人」だが……。
街に馴染まない、拳の異様なオーラ。

posted2018/01/19 12:10

 
井上尚弥は一見「普通の人」だが……。街に馴染まない、拳の異様なオーラ。<Number Web> photograph by Shingo Wakagi

井上尚弥と町ですれ違っても、彼のモンスター性にはなかなか気づけないかもしれない。

text by

鈴木忠平(Number編集部)

鈴木忠平(Number編集部)Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

Shingo Wakagi

 井上尚弥が「モンスター」と言われるのはなぜか。

 答えはリングを見れば明らかだ。パンチ1発が雄弁に物語っている。ただ、最近ではあまりに一方的な展開が多いため、どこかその実力ほどには怪物性が伝わっていないのではないか。ボクシング特集号をつくるにあたって、編集部にはそんな不安があった。

 ただ、マッチメークの問題はどうしようもない。だったら、リング外の素顔に怪物性を探そうではないか。そんな思いで編集者2人、年明けの某日に相鉄線「さがみ野」駅前のカフェでの渋谷淳氏によるインタビュー、駅周辺での若木信吾氏による撮影に立ち会った。果たして、その結果は……。

編集者A(以下A) いやあ、興味深いインタビューでしたね。2時間近かったと思いますが、全然、集中力が途切れないことに驚きました。

編集者B(以下B) そうだね。俺は井上選手に会うのは初めてだったんだけど、あのリング上での圧倒的な強さから想像していたのは、もっととんがっていて、威圧感がある人かなと思っていたんだけど、ある意味ですごく普通の人だったね。

A 同感です。実は井上選手がデビューするかしないかの頃に1度、インタビューをしたことがあるんですが、その時とほとんど印象が変わらないんですよ。あの頃から「ドラゴンボール」が好きで、強い人への憧れがあるというのは口にしていましたが、本人を見ると、すごく普通に見える。

B じゃあ、5年ぶりなんだ。それなのに印象が変わらないというのは、面白い。最初はまだ無名だったかもしれないけど、今や無敗のまま7度防衛している世界チャンピオンなわけだから。世間的なステータスや認知度は段違いなのに、本人のリング外での素顔は変わらない……。

A 今日もグレーのトレーナーと、黒いパンツにダウンジャケットという、若者らしい服装でしたが、体の線があまり出ない私服だと筋肉も目立たないので余計に「普通の若者」というように見えましたね。

 カフェでは隣の人がチラチラと見ていましたが、「この人、本当に井上選手だよな」って確認しているように見えました。ここは井上選手の地元だから、やっぱり何人かの人には声をかけられていたけど、気づかない人も多かったんじゃないかな。

【次ページ】 「普通の人」の佇まいの中で、拳だけが異様な気配を。

1 2 NEXT
井上尚弥

ページトップ