Sports Graphic Number WebBACK NUMBER

徹底した“準備”でピンチをクリア。
長谷部誠が語った「ライフプラン」とは。

posted2018/02/05 11:00

 
徹底した“準備”でピンチをクリア。長谷部誠が語った「ライフプラン」とは。<Number Web> photograph by Kentaro Kamata

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph by

Kentaro Kamata

 常に“不安”との戦いだった。

「なにをもって“安定”というのかわからないけど、これまでのサッカー人生を振り返ると、どこに転がるかわからない分れ道ばかりでしたね」

 今やサッカー日本代表キャプテンとして唯一無二の存在である長谷部誠は、これまでの自分の歩みを静かに振り返る。

「プロじゃ通用しない」の声を覆すために。

 誰からも注目されるエリート選手ではなかった。学生時代は各世代の日本代表に選出されたこともない。高校時代はサッカー選手としての能力は高いものがあったが、線が細くフィジカルに不安があった。だが、浦和レッズのスカウトに将来性を買われ、高校を卒業すると同時にプロへと進んだ。

 長谷部にとって言うまでもなく、これが人生の大きな転機となっている。

「大学かプロに行くのかで悩んでいて、まわりからはプロに行くことを反対されたんです。もちろん将来を思ってのことなのでしょうが、当時の僕は“プロじゃ通用しない”と言われているみたいに感じて“じゃあ見てろよ”と思ったんですよ。本当、あのときまわりが勧めていたように大学に行っていたら、ぜんぜん違う人生を歩んでいたなと思います」

 不安はあったが可能性があるのならばチャレンジをする。これが長谷部のスタンスだ。

 しかしプロの世界は甘くなかった。長谷部が後に「人生最大のピンチだった」という出来事がプロ1年目に訪れる。

【次ページ】 「1~2年後は地元の企業に勤めているのかなって」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
長谷部誠
フランクフルト
浦和レッズ
ヴォルフスブルク
ロシアW杯

ページトップ