2018年01月24日(水)まで
このエントリーをはてなブックマークに追加

“燃える闘将”星野仙一さんの思い出を語ってください。

集計グラフを見る

 2018年1月4日、星野仙一さんが膵臓がんで亡くなられました。  選手としても監督としても闘志を隠さない姿で多くのファンに愛され・・・続きを表示

このお題に投稿する

●高校・大学時代
●中日選手時代
●中日監督時代
●阪神監督時代
●北京五輪監督時代
●楽天監督時代
●解説者時代

最新の投稿
中日監督

第二次星野政権だったと思いますが、投手陣の秋季キャンプが愛知県田原市のとある運動公園で行っていた時がありました。営業職だったので先輩と仕事の都合をつけて数回訪問。3回目にして星野監督と初遭遇。過去2回見た時の選手は明るく楽しいキャンプでした ・・・すべて読む

Sugiさん2018/01/18 19:56
に投稿

1-1件を表示 / 全1

すべて| 高校・大学| 中日選手| 中日監督| 阪神監督| 北京五輪監督| 楽天監督| 解説者|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
  • その時、私はおそらく小学校の高学年だったと思う。
    NHKの野球中継は東京六大学の明大戦を流していた。 
    マウンドに立っていたピッチャーは試合途中で何かに腹を立てて、ベンチへ引っ込んでしまった。
    プロ野球中継ですらそんな光景に出くわしたことがなかっただけに、小学生の私は度肝を抜かれた。 
    「こんな選手初めて見た❗」
    投げる姿がカッコいいとか目にも止まらぬ快速球で三振の山を築くとか、そんなありきたりのパフォーマンスとは次元の違うところに位置するその選手に私は心を奪われた。
    後年、その人物が中日から阪神の監督に就任した際には私も阪神ファンに転向した訳だが、そんな野球人に惚れ込んで約50年が経ったある日、彼「星野仙一」は我々を置いてきぼりにして、別の世界へ旅立ってしまったのである、あまりにも突然に。

    jazz1958さん2018/01/13 21:13に投稿

    0
    そう思う!

ページトップ