“燃える闘将”星野仙一さんの思い出を語ってください。

集計グラフを見る

 2018年1月4日、星野仙一さんが膵臓がんで亡くなられました。  選手としても監督としても闘志を隠さない姿で多くのファンに愛され・・・続きを表示

●高校・大学時代
●中日選手時代
●中日監督時代
●阪神監督時代
●北京五輪監督時代
●楽天監督時代
●解説者時代

1-10件を表示 / 全19

すべて| 高校・大学| 中日選手| 中日監督| 阪神監督| 北京五輪監督| 楽天監督| 解説者|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 小学6年時、修学旅行先の宿で槇原投球→バンスロー立腹→星野監督激怒の一部始終を観ていました。主目的はウッチャンナンチャンのバラエティ番組でしたがその番組内で乱闘の様子が放送されていた記憶があります。

    ディープインパクトさん2018/01/10 21:49に投稿

    2
    そう思う!
  • あえて辛口に。
    アメリカから来た審判を恫喝したことが、印象に残っている。
    子ども心にも日本人として恥ずかしい、と思った。
    闘志の出し方を間違えてはいかん、と言うことを学びました。

    karinさん2018/01/10 23:53に投稿

    2
    そう思う!
  • 落合を巨人に行かせまいと断行したロッテとの1対4や、そのライバル巨人との西本⇆中尾のトレードなどが斬新でした。腐りかかっていた西本と中尾は新天地で復活したし、ロッテに行った牛島も、あのトレードがなかったら今の自分はなかったと述懐してますからね。

    taruzakeさん2018/01/12 08:32に投稿

    2
    そう思う!
  • 私は名古屋市内に住んでいた小学二年生の時、ナゴヤ球場で星野仙一さんのプレーを一試合だけ生観戦する機会に恵まれました。
    父が職場仲間から巨人戦のバックネット裏席のチケット譲ってもらい、その試合の中日の先発投手が星野仙一さんでした。
    私は物心ついた時から、大の王貞治選手のファンでした。ですから、当時の自分にとっての星野さんは、正直なところいつも巨人に立ちはだかる手強く憎い存在でした。その試合での星野さんは王さんに本塁打を浴びてしまいました。
    今でも、その時の王さんの打球音とゆっくりベースを回る姿、星野さんのマウンド上で悔しがる姿はうっすらと記憶に残っています。
    私にとっては夢のような時間ではありました。
    しかしその反面、テレビで観ている星野さんにはいつも抑えられていたイメージしかなく、悔しい思いばかりさせられていたのは、今となっては懐かしく良い思い出です。
    星野さんには、天国でも野球に打ち込み、奥様とも仲良く過ごしていただきたいです。
    ご冥福をお祈りします。

    tokubohさん2018/01/10 20:40に投稿

    1
    そう思う!
  • 2013年日本シリーズ第5戦。東京ドーム。
    楽天ファンの友達と試合を観戦した。
    6回から則本リリーフ登板。9回で同点にされるも、続投で延長10回4対2と劇的な勝利。
    試合後の星野監督のインタビューで自分含め観客は大いに沸き立った。
    あの時に観た闘将の勇姿は忘れられない。

    danhausさん2018/01/11 14:25に投稿

    1
    そう思う!
  • 2003年日本シリーズ。
    勝利監督インタビューの言葉の力。
    「吉野が素晴らしい!」「3つも勝っちゃった!」
    特に観戦した第5戦は、いつまでも色あせない思い出です。
    少なくとも自分にとって、
    スポーツを楽しませるという枠で星野監督を越える人は現れないと思います。
    星野監督の率いる阪神を応援出来て幸せでした。
    ありがとうございます。

    コウさん2018/01/11 22:44に投稿

    1
    そう思う!
  • ドラゴンズの監督時代が一番印象に残っています、勝つことに飢えていたような気がします。選手時代の打倒巨人の姿も良かったですが監督としてドラゴンズを全国区にしてくれたのは、間違いなく星野さんです。阪神に行かれた時もさびしさはありましたがドラゴンズ監督としての実績が評価されたと嬉しかったですね、また五輪監督時も川上・岩瀬を起用した時は、やっぱりドラゴンズの選手のほうが使い勝手がいいんだなとも感じました。監督としての選手起用などを見ていますと類まれな演出家・プロモーターだと思います。
    ドラゴンズのことがおそらく一番気にされながら逝ってしまわれたのではないかと思います。謹んでご冥福をお祈りします。

    1993teioさん2018/01/17 16:58に投稿

    1
    そう思う!
  • ドラゴンズの2回目の監督の時に、1996年~1998年の間、タイトルは忘れましたが今でいうブログ記事を毎日更新されていたのを想い出します。内容はその日の試合の振り返りや読者からの質問への回答などでした。私も当時スポーツ選手に流行り始めていた「試合を楽しみます」というコメントをどう思うか聞いたところ、「すごく違和感がある」と回答をいただいたことがあります。最も印象に残っているのは、奥さんが亡くなった日も記事を更新されたことです。担当者の方に「今日は休みましょうか?」と聞かれたが、「こういう時こそ更新しないと意味がない」と言われ、むちゃくちゃ寂しいとコメントされていました。当時からメディアの本質をよく分かっておられ、ひいてはファンを大切にする方だなと思っていました。亡くなられて、本当に寂しいです。

    スローハンドさん2018/01/24 12:28に投稿

    1
    そう思う!
  • 選手としての現役時代は残念ながら存じ上げません。VTRだけですね。
    監督としても、やはり中日時代が一番印象的です。
    ナゴヤ球場で試合に負けて扇風機を壊した場面。
    時に、涙をにじませて選手を迎えたり、インタビューに答えたりする場面。
    あの「あつい」(熱い闘志・情に厚い)人が上司なら頑張りたいと思わせる、思いたくなる選手がたくさんいらっしゃるのもわかる気がします。
    無念さもたくさんあると思いますが、今はゆっくり休んでいただいて、天国で奥さんと会えてたらいいですよね…。

    するのは苦手見るのは得意さん2018/01/10 23:15に投稿

    0
    そう思う!

  • 解説者時代にお仕事しました。印象に残っているのはトークショーを依頼したら「ギャラ同じで良いからTも連れてきていい?」って言われたことです(笑)一人では寂しかったのかな。

    HMクリーチャーさん2018/01/10 23:25に投稿

    0
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ