サムライブルーの原材料BACK NUMBER

岡山一成が等々力に帰ってきた理由。
“岡山劇場”次の夢を託す場所。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byTsuneyo Sakai

posted2018/01/10 08:00

岡山一成が等々力に帰ってきた理由。“岡山劇場”次の夢を託す場所。<Number Web> photograph by Tsuneyo Sakai

奈良クラブでのリーグ最終戦、ファンに退団の挨拶をした。岡山一成のキャリアは、ここで終わりではない。

パフォーマンスに自信はあるが、夢が無ければ。

 試合後のトラメガパフォーマンスで有名な「岡山劇場」が、彼の代名詞である。フロンターレで始まり、移籍した柏レイソルやベガルタ仙台などでも有名になった。

 エンターテイナーの側面がある一方で、空中戦の強さを活かした岡山の情熱的なガッツ溢れるファイトは観る者に訴えるものがある。夢があるから、サッカーに魂を吹き込める。裏を返せば夢を感じなければ、自分のすべての力をサッカーにぶつけていく自信がない。不器用な人は、夢がないと動けない。

 無論、現役を続けていく自信はある。2017年シーズンもベンチから外れたのは2試合のみ。5年ぶりにセンターバックもこなした。ケガもなく、丈夫なフィジカルは健在だ。

「ヘディングが負けていたら自分の実力が落ちたことになるんやけど、そうじゃないですからね。負けてないんですよ。全然勝ててる」

 だから“戦力外”とは受け取っていない。あくまで契約満了での退団だと捉えている。しかし現役を続けていくには「夢」とセットでなければならない。

 奈良を退団してからは「殻に閉じこもる生活」を続けていた。他から誘いの声が掛かっても、接触していないという。明るいキャラクターばかりが目立つものの、新たな夢を見つけられない苦しみがあった。

俊輔と出会い、大学進学を取りやめてプロへ。

 夢とサッカーはセット。

 それは岡山一成の譲れぬ哲学と言っていい。初芝橋本高2年時に桐光学園の中村俊輔に出会い、「なんやコイツ、同じ年ちゃうやろ!」とツッコミを入れたくなるほど技術レベルの差を痛感させられた。

 俊輔に刺激を受けて、大学進学の道は取りやめることにした。勝手に横浜マリノスの門を叩き、テスト生からプロ契約を勝ち取った。その中村と同期となって、プロ人生が始まった。マリノスで活躍できたら、日本代表が見えるはず。そんな大きな夢も抱いた。

【次ページ】 札幌を退団した後、一度は引退が頭をよぎった。

2/5ページ
関連キーワード
川崎フロンターレ
岡山一成
松田直樹
奈良クラブ

ページトップ