ラグビーPRESSBACK NUMBER

19年ぶりラグビー大学日本一へ!
明大で花開く早熟の天才、梶村祐介。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2018/01/06 08:00

19年ぶりラグビー大学日本一へ!明大で花開く早熟の天才、梶村祐介。<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

紫紺のジャージのフィニッシャー役を務める梶村。メイジファンの希望として、日本一を狙う。

狙ってたわけじゃないけど、可能性を頭に入れて。

 ポジティブで気負いのない思考法。そして、自分が膝に痛みを抱えていても、先頭を切って無駄走りをいとわない。それが、試合の流れを決定づけるトライを引き寄せたのだろう。

 大東大戦、梶村の輝きは続いた。フッカー武井日向のトライをはさんだ31分、再び大東大フランカー河野主将がボールを持った場面。パスコースに入った梶村は、河野のパスをインターセプトすると前進、左ウイングの山村知也につなぎ、36-14とリードを大きく広げるトライをクリエイトしたのだ。

「あそこは、大東大のプレーが少し雑になっていた時間帯でしたし、ボールを持っていたのがFWの選手だったので、パスのスキルもそんなに高くないだろうし、短いパスを放ってくるかもしれない。狙ってたわけじゃないけど、その可能性を頭に入れてディフェンスしていたら」

試合を振り返る口調から、にじみ出る知性。

 案の定、短いパスが来た。すかさずインターセプトした。

「今回も後ろのスペースは空いていたけれど、大東大は自陣からもアタックをし始めていた時間帯だったので、ここは蹴るよりも、ボールをキャリーした方がいい」

 そう判断して前進していくと、相手ディフェンダーが自分をマーク。左にエース山村がスピードをあげて走り込んできた。

「山村はその前にもトライを取っていたし、ディフェンダーがかぶり気味にコースを押さえていたから、もう1回ボールをもらえるかもと思ってサポートに走りました。でも、ステップ切って相手を抜いて、そのままトライを決めてくれましたね。ホント、頼もしいです」

 試合を振り返る口調に知性がにじみ出る。

【次ページ】 決め打ちせずアタックを仕掛けるスタイルで。

2/5ページ
関連キーワード
明治大学
梶村祐介
エディー・ジョーンズ

ページトップ