酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

打率4割に.000、2287打席目の初HR。
2017年プロ野球、マニアな5大記録。

posted2017/12/31 17:00

 
打率4割に.000、2287打席目の初HR。2017年プロ野球、マニアな5大記録。<Number Web> photograph by Kyodo News

9年目にして初の本塁打を放った日本ハム中島。チームメートも本人も、少々びっくりした表情だった。

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 2017年が終わろうとしている。今年も野球記録マニアにとって、胸が震えるような数字がいくつも生み出された。

 お断りしておくが、私のようなひねくれた記録ファンは「大記録」には食指が動かない。今年も阿部慎之助、荒木雅博、鳥谷敬が2000本安打をクリアして名球会に入ったが、そういうのは世間が騒ぐし、別にここで取り上げる必要はない。

 やはり、もっと地味で、しかも球史に残るひそやかな大記録をご紹介したい。ポジティブなものも、ネガティブなものも含めて5つある。

<日本ハム近藤健介、NPB最多打席での打率4割>

 今年の春先に、野球ファンをワクワクさせたのはこの選手。開幕から安打を打ちまくり、6月6日まで打率.407を記録。夢の「4割打者」への期待を持たせたが、椎間板ヘルニアを発症して戦線離脱。

 近藤健介が偉かったのは、9月28日に復帰して以降出場した7試合でも好調を維持、17打数8安打と打ちまくったことだ。近藤は167打数69安打、打率.413でシーズンを終えた。規定打席には遠く及ばなかったが、ものすごい記録だった。

●NPBでシーズン4割をマークした選手の打席数上位5人

2017年 近藤健介(日本ハム)打率.413 231打席167打数69安打
1972年 宮川孝雄(広島)打率.404 62打席52打数21安打 
2004年 鶴岡一成(横浜)打率.400 60打席55打数22安打
1936年春夏 小川年安(タイガース)打率.477 49打席44打数21安打
1969年 藤原真(アトムズ)打率.462 42打席39打数18安打 

 シーズン途中までなら4割を記録した選手はたくさんいた。1989年のウォーレン・クロマティのように規定打席403に達するまで4割をキープした選手もいたが、シーズン最終成績として100打席以上で4割を残した選手は1人もいなかった。

 だからこそ231打席に立って、打率.413でフィニッシュした近藤の成績がいかに破天荒かがわかるだろう。来季は清宮幸太郎の加入で注目を集める日本ハムだが、その陰で近藤が、またコツコツと安打を量産するかもしれない。引き続き、夢の4割打者誕生に期待したい。

【次ページ】 33打数ノーヒットのままシーズンを終えたのは……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
近藤健介
岡田幸文
山田哲人
菊池涼介
中島卓也

ページトップ