野球クロスロードBACK NUMBER

良くも悪くも期待を裏切る球団!?
3年目の梨田・楽天は優勝できるか。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/01/07 08:00

良くも悪くも期待を裏切る球団!?3年目の梨田・楽天は優勝できるか。<Number Web> photograph by Kyodo News

ルーキーイヤーながら記憶に残る活躍をした楽天・藤平。開幕から先発ローテを任されるべく期待されている。

打撃陣の奮闘に呼応するかのように、投手陣も爆発!

 楽天の本領発揮。

 でも、まだだ。まだこんなもんじゃない!

 見せてやる、野球の底力を――そう言わんばかりに、投手陣も呼応した。

 地元である西中田小、柳生中、名取北校、東北学院大と「He's Back」の文字が、Koboパーク宮城のスクリーンで絶妙にシンクロする。西武に入団した時「I'll be back」と地元に言い残していたというわけでもないが、岸が期待通りのパフォーマンスを披露し、故郷に錦を飾った。

 開幕前に「岸さんと最多勝争いをしたい」と、本人に向かって宣言した絶対エースの則本昂大も、8試合連続2桁奪三振の偉大な記録を樹立してチームを引っ張った。

 辛島航は地方球場で連戦連勝。「サブ」こと福山博之が、祭りだわっしょいとばかりに、不動のセットアッパーとして大活躍。

「試合をすれば勝てるという雰囲気だった」と、若き守護神・松井裕樹も吠えた。

 我らの敵は~い~な~い~……はずだった。前半戦までは。

歓喜の涙から、いつの間にか絶望の涙へ。

 首位で迎えた後半戦。

「Smart&Spirit 2017東北・夢・再び」のスローガンのもと、ファン全員が信じて疑わなかった、4年ぶりの歓喜の涙。それが、絶望の涙に変わるなど、誰が予想しただろうか。

 故障者は突然に。

 6月に茂木が、右ひじの故障で離脱していたことですら大打撃、なのに……。

 7月に入ると藤田一也が腰痛、岡島豪郎が左肩の亜脱臼、ペギーも左太ももの肉離れ、今江年晶が左腕の骨折。そして極めつけは松井裕樹の左肩痛。

 みんな一軍登録抹消。

 3年連続での故障者大量発生!

 嘘だと言ってくれ!……残念ながら、この時ばかりは嘘じゃなかった。

 小説なら絶対に描かれない、分かりやす過ぎる負の連鎖。無情にもその惨状にとどめを刺してしまったのが、ジョシュ・コラレス、27歳、投手、アメリカ・カリフォルニア出身。途中加入の助っ人だった。

【次ページ】 「コラレスの呪い」とドラ1ルーキーの活躍ぶり。

3/4ページ
関連キーワード
梨田昌孝
東北楽天ゴールデンイーグルス
岸孝之
オコエ瑠偉
塩見貴洋
安樂智大
茂木栄五郎
カルロス・ペゲーロ
ジャフェット・アマダー
美馬学
則本昂大
松井裕樹
ジョシュ・コラレス
藤平尚真

ページトップ