野球クロスロードBACK NUMBER

良くも悪くも期待を裏切る球団!?
3年目の梨田・楽天は優勝できるか。

posted2018/01/07 08:00

 
良くも悪くも期待を裏切る球団!?3年目の梨田・楽天は優勝できるか。<Number Web> photograph by Kyodo News

ルーキーイヤーながら記憶に残る活躍をした楽天・藤平。開幕から先発ローテを任されるべく期待されている。

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 評論家の大半が自信たっぷりに断言していた。

「パ・リーグの優勝はソフトバンクだ!」

 見事的中。おめでとうございます。でも、彼らはしくじった。

「楽天はまあ、Bクラスでしょう」

 2017年まで3年連続Bクラス。うち、最下位2度。直近の実績くらいで「弱者」扱いされたその鬱憤、晴らしてみせよう、ペナントレース――とばかりの快進撃。4年ぶりのAクラスとなる3位。杜の都の牛タンパワー……もとい、犬鷲軍団の力を思い知ったか野球界よ。

キャンプ、オープン戦では、静まり返っていた楽天。

 2017年、楽天は野球の底力を見せた。

「二度あることは三度ある!」

 近鉄、日本ハムのいずれも監督就任2年目でのリーグ優勝を果たした名将・梨田昌孝が、声高らかにチームを鼓舞する。

 さらに、地元仙台市出身でプロ通算103勝の岸孝之が、西武からFAで加入したのだから無理もない。

 意気揚々――のはずだったが、実際の船出は意気消沈の連続だった。

 肥大化して久米島に上陸した若手のホープ・オコエ瑠偉が、春季キャンプ2日目で右手薬指の負傷のため無言の帰仙。聞けば全治3カ月だそうな。割と重症。初日に見せた、あの陽気なバレンティンのモノマネ、何かのメッセージだったか?

「オコエのことはもういいから、他の選手を取材してください」

 怒気を抑え、静かにメディアを諭す梨田監督が怖かった。チームのコンディションが整わない。同時期に塩見貴洋がヘルニアで、キャンプで絶好調だった3年目の安樂智大も、右太ももの怪我でサイレント離脱。とどめは、開幕投手が決まっていた岸のインフルエンザ。

 まさに“一難去らずに、また一難”。暗雲が垂れ込め続けた。

【次ページ】 名将・梨田監督の采配で、開幕戦から怒涛の進軍!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
梨田昌孝
東北楽天ゴールデンイーグルス
岸孝之
オコエ瑠偉
塩見貴洋
安樂智大
茂木栄五郎
カルロス・ペゲーロ
ジャフェット・アマダー
美馬学
則本昂大
松井裕樹
ジョシュ・コラレス
藤平尚真

ページトップ