スポーツに役立つ法律知識~教えてオジオ先生!~BACK NUMBER

スポーツの誤審に法的責任はあるか。
審判を告訴、プレーを無効にできる? 

text by

小塩康祐

小塩康祐Kosuke Ojio

PROFILE

photograph byBob Thomas/Getty Images

posted2018/01/08 08:00

スポーツの誤審に法的責任はあるか。審判を告訴、プレーを無効にできる?<Number Web> photograph by Bob Thomas/Getty Images

1986年メキシコW杯準々決勝での“神の手”。このプレーでの得点もあって、イングランドに勝利したアルゼンチンは、最終的にその大会で優勝した。

誤審を減らすために、できることは何か?

 そもそも誤審そのものがなくなれば問題は解決します。

 ただ、審判も人間ですので、誤審がゼロになることはあり得ないでしょう。

 しかし、人間だから誤審も仕方ないというだけでは誤審はなくなりません。

 そのような考えは、生活や青春をかけて競技に取り組んでいる選手や監督に対して大きな禍根と不信を残します。そこで、誤審を減らすための方策ですが、何よりもまず、審判のレベルの向上が挙げられます。

 また、ビデオ判定を広く実施することも必要といえるでしょう。

 もっとも、ビデオ判定が多くなると、試合が中断することへの批判が考えられます。しかし、NFL等でも導入されている「チャレンジ制度」を導入することで問題は多少解決できるのではないでしょうか。

 チャレンジ制度とは、1試合に数回、チーム側がビデオ判定を要求できる制度です(NFLでは各チーム1試合2回まで要求できる)。回数の制限があれば、乱発されるおそれもなく、試合の流れを阻害するとまではいえないと思われます。

 このように誤審を減らす努力、施策を導入することで、判定に対する不満が減少し、選手、監督、観戦者はもちろん、審判自身も、スポーツをより一層楽しめることとなると思います。

 *このコラムでは読者からの相談案件を募集しています。応募される方は、こちらのフォームから相談内容を記入して下さい。

関連コラム

BACK 1 2 3
3/3ページ
関連キーワード
ディエゴ・マラドーナ

ページトップ