炎の一筆入魂BACK NUMBER

機動力の広島で、鈍足の4番が光る。
松山竜平「新井さんゆっくりして」

posted2017/12/20 07:00

 
機動力の広島で、鈍足の4番が光る。松山竜平「新井さんゆっくりして」<Number Web> photograph by Kyodo News

走力に優れた選手が多い中、松山の立ち位置は明確だ。とにかく打って返す。それができれば主砲として固定されるだろう。

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 広島野球の伝統、といえば、機動力野球だろう。

 今季新たに4番を務めた鈴木誠也は“走れる4番”として、自己最多タイの16盗塁を記録した。1番から4番まで走れる選手が並ぶ打線は相手にとっては脅威であり、リーグ最多112盗塁を誇る機動力野球がリーグ最多得点の打線を活性化させた。

 球団史を紐解いても、走れる4番は珍しくない。黄金時代の主砲・山本浩二氏は通算231盗塁を記録し、ビッグレッドマシンと呼ばれた1990年代の広島4番・江藤智氏(巨人打撃コーチ)も打点王を獲得した1995年は14盗塁を記録している。

 だが今季終盤、鈴木離脱によって4番を任されたのは、鈴木とタイプが異なる松山竜平だった。

「打てないデブは、ただのデブだぞ」(丸)

 176センチ98キロの体格。昨年までプロ9年で4盗塁のみの鈍足の選手だ。

 4月13日巨人戦(東京ドーム)前、同期入団の丸佳浩に「打てないデブは、ただのデブだぞ」ときつい激励をもらったこともある。9連勝の好スタートを切ったチームの中で松山は1人、初打席から10打席無安打と流れに乗れていなかった。入団時から松山を知る丸だからこそ言えた言葉に、松山は9回の代打同点本塁打で応え、そこから調子を上げた。

 鈴木が離脱した9月以降は、4番として4割を超える打率を残し、5本塁打、23打点と打線をけん引した。

「打てば、使わざるを得ない。いくら機動力と言っても、打てない選手は使われない。それは足が速い、遅いとは違う。打てれば使ってもらえるし、打って塁に出ないことには点は入りませんから」

 今季打撃成績の打率.326、14本塁打、77打点はシーズン自己キャリアハイの数字。なお盗塁は0だった。

【次ページ】 実戦形式で結果を残したのに広島に帰らされた。

1 2 3 NEXT
広島東洋カープ
松山竜平
鈴木誠也
丸佳浩
新井貴浩

ページトップ