フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

ロシア女子が圧勝も日本勢も収穫アリ。
GPファイナルの結果から五輪を検証。

posted2017/12/19 08:00

 
ロシア女子が圧勝も日本勢も収穫アリ。GPファイナルの結果から五輪を検証。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

表彰の後、名古屋に集まったフィギュアファンに応えてリンクを回ったメダリストたち。先頭からザギトワ、ソツコワ、オズモンド。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 名古屋で開催されたGPファイナルで、日本女子勢はそれぞれ収穫こそあったものの、残念なことにメダルを逃してしまった。

 平昌オリンピックを2カ月後に控えたこの大会で、改めて見せ付けられたのはロシア女子選手たちの底力である。

 シニアでは優勝候補だったエフゲニア・メドベデワが怪我で欠場したというのに、結局1位2位はロシアが獲得。ジュニアでは出場した6人中、紀平梨花を除いた5人がロシアで、表彰台を独占するという結果になった。

 メドベデワの欠場が発表された時点で、優勝候補視されていたのは今年シニアGPデビューのアリーナ・ザギトワだった。

 昨シーズン、ジュニアGPファイナルと世界ジュニア選手権で優勝し、勢いをつけてシニアに上がってきたのは2シーズン前のメドベデワと全く同じステップである。

「昨シーズンはジュニアファイナルに初挑戦して、今年はシニアファイナルに初挑戦。私にとってファイナルは楽な試合ではありませんでした」と通訳を介して語ってくれたのだが、予想通り、フリーで逆転して初のシニアGPファイナルタイトルを手にすることとなった。

ザギトワにフリーで高いスコアが出る理由。

 SP『ブラック・スワン』とフリー『ドン・キホーテ』とバレエの名作で揃えたザギトワのプログラムで、注目すべきはジャンプが全てボーナスポイントがつく後半に組み込まれていることだ。特にフリーの後半の追い込みは、圧巻である。

「初めてこのプログラムを滑ったときは、ステップシークエンスの部分で息切れがしてしまってとても自分に滑りこなせるとは思えなかった。でもコーチが私のことを信じてプッシュしてくれたんです」と会見で語ったザギトワ。

【次ページ】 未熟な部分を補って余りあるザギトワの華やかさ。

1 2 3 4 NEXT
エフゲニア・メドベデワ
アリーナ・ザギトワ
マリア・ソツコワ
ケイトリン・オズモンド
濱田美栄
ローリー・ニコル
宮原知子
樋口新葉
紀平梨花
平昌五輪
オリンピック

ページトップ