沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

オルフェ産駒初のGIは阪神JFに!
ラッキーライラックが引き継いだ力。

posted2017/12/11 11:30

 
オルフェ産駒初のGIは阪神JFに!ラッキーライラックが引き継いだ力。<Number Web> photograph by Kyodo News

オルフェーヴル産駒は勝ちあがり率では苦戦しているが、スケールを感じさせる馬は出ている。ラッキーライラックもその1頭だ。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 終わってみれば、ここまで2戦2勝で来ていた馬の1-2-3フィニッシュだった。

 2歳牝馬チャンピオンを決める第69回阪神ジュベナイルフィリーズ(12月10日、阪神芝外回り1600m、2歳牝馬GI)を制したのは、石橋脩が手綱をとった2番人気のラッキーライラック(父オルフェーヴル、栗東・松永幹夫厩舎)だった。石橋にとっては5年ぶり2度目、新種牡馬オルフェーヴルにとっては初めてのGI勝ちとなった。

 前半800mは47秒7で、後半800mが46秒6。後半のほうが1秒ほど速い、ラストの瞬発力勝負になった。

 道中は、先頭から最後方まで10馬身ほどのタイトな競馬となり、折り合いを欠いた馬が何頭もいた。

 そんななかラッキーライラックは、中団の馬群の切れ目につけた。石橋が「いいところにハマることができた」と言ったように、他馬に邪魔されず、動きたいところからいつでも動ける、絶好のポジションだ。

 前を塞がれることも、内から張り出されることも、外から被せられることもなく、直線に向いた。

 外から力強くストライドを伸ばし、ラスト100m地点で内の馬をかわし、先頭でフィニッシュ。新馬戦、GIIIのアルテミスステークス、そして今回と、無傷の3連勝で2歳女王の座についた。

オルフェーヴルから譲り受けた鋭い切れ味。

 勝ちタイムは1分34秒3。ラスト3ハロンはメンバー最速タイの33秒7。コースを改修した2006年以降、歴代最速の上がりだ。毛色と流星ばかりでなく、鋭い切れ味も、「化け物」と言われた父オルフェーヴルから譲り受けていた。

「この馬の力はわかっていたので、自信を持って乗りました。身体能力も高いし、運もあります。とにかく無事に行ってくれればと思います」

 そう話した石橋にとって、ビートブラックで制した2012年の天皇賞・春以来となる2度目のGIタイトルとなった。

【次ページ】 騎手時代、GI6勝すべてが牝馬だった松永調教師。

1 2 NEXT
ラッキーライラック
石橋脩
松永幹夫

ページトップ