フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

前年の王と女王が不在のGPファイナル。
有力な宇野昌磨、日本女子陣にも期待! 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2017/12/06 11:30

前年の王と女王が不在のGPファイナル。有力な宇野昌磨、日本女子陣にも期待!<Number Web> photograph by Asami Enomoto

今季唯一の合計300点超えを果たしている宇野。チェンとの高度な4回転対決が予想されている。

誰が優勝してもおかしくない激戦必至の女子。

 今回のGPファイナルの女子のタイトルは、誰が手にしてもおかしくない。

 もっとも有力なのは、シニアデビューしたてで勢いに乗っている15歳のアリーナ・ザギトワである。全ジャンプをプログラムの後半に入れて高い技術スコアを手にする新鋭だ。

 華やかで表現力もあるが、スケーティングそのものはまだジュニアらしさが抜けていない。

 オズモンドは好不調がある選手だが、ノーミスで滑ると高いスコアが出るオールラウンドプレイヤーである。彼女がSP、フリーともミスなく決めれば優勝の可能性もある。

 今シーズン、安定した演技を見せてきたベテランのカロリーナ・コストナーは、ジャンプの難易度はほかの選手ほどでもないが、スケーティングと音楽の表現では群を抜く。ミスを最小限に抑えれば高いコンポーネンツで上位に行くだろう。

 疲労骨折から回復して、徐々に調子を上げてきた宮原知子は、スケートアメリカでようやく彼女らしい滑りを見せてくれた。彼女が本来の実力を発揮すれば優勝の可能性も十分ある。

 また樋口新葉は今シーズンに入ってからずっと好調が続き、レベルの高い演技を見せてきた。表現力、存在感ともにましてきた彼女が名古屋の大舞台で演技をまとめることができれば、メダルは確実と言える。

 誰が表彰台に上がってもおかしくない、レベルの高い五輪前哨戦になりそうだ。

銀盤の決闘。~BATTLE FOR PYEONGCHANG 2018~

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 941

銀盤の決闘。
~BATTLE FOR PYEONGCHANG 2018~

男子フィギュア 平昌へのカウントダウン
【ソチからの4年間】 羽生結弦「王者は何度も甦る」
【挑戦者たちの現在】 宇野昌磨/ネイサン・チェン/ハビエル・フェルナンデス/金博洋
【スペシャルインタビュー】 プルシェンコが語る男子フィギュア新時代

定価:(本体546円+税)目次ページへ

関連コラム

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
3/3ページ
関連キーワード
宇野昌磨
樋口新葉
宮原知子
ネイサン・チェン
セルゲイ・ボロノフ
アダム・リッポン
ボーヤン・ジン
ケイトリン・オズモンド
カロリナ・コストナー
マリア・ソツコワ
羽生結弦
アリーナ・ザギトワ
ミハイル・コリヤダ
平昌五輪
オリンピック

ページトップ