野球のぼせもんBACK NUMBER

年俸大幅増も上林誠知は笑わない。
イチローと内川聖一から学ぶこと。

posted2017/12/06 11:00

 
年俸大幅増も上林誠知は笑わない。イチローと内川聖一から学ぶこと。<Number Web> photograph by Kyodo News

仙台育英高からプロ入りして4年目の上林は22歳。大谷翔平の1歳下で、松井裕樹、田口麗斗、森友哉らと同い歳。

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 年俸が今季の800万円から、来季は3500万円に跳ね上がった。4倍超もアップしたのだから“ホクホク顔”でもいいはずだ。しかし、12月1日午後に契約更改を終えて記者会見場に現れた上林誠知は、複雑な表情を浮かべたままだった。

「金額に不満なんてありません。むしろ、申し訳ないです。こんなに(年俸を)上げてもらって。あんまりいい結果を残していないのに……」

 '17年シーズンを「上林、飛躍の1年」と評して、文句をつける人はまずいないはずだ。134試合に出場し規定打席数をクリアした。

 打率.260、13本塁打、51打点、12盗塁。

「これまでセンターを守ることが多かったので不慣れだった」という、ライトのポジションでも好守で何度もチームを救った。ゴールデングラブ賞のパ・リーグ外野手部門は“次点”の4位。惜しくも受賞は逃したが、失策は一度もなく守備率10割を達成。加えて補殺、いわゆる強肩から放たれるレーザービームは、リーグ1位の10を記録して球場を沸かせた。ファンも新星の登場を大歓迎し、7月のオールスターゲームにはファン投票で初出場を果たした。

イチローから影響を受け、野球に笑顔はいらない。

 しかし後半の失速もまた、誰が見ても明らかだった。

 5月には月間打率.355をマークしたが、7月と9月はいずれも1割台と不調に終わった。

「一番納得できないのはやっぱり打率です。こだわっていきたい部分なので」

 上林は、感情の起伏を表に出さない。打撃の調子を尋ねて「まあまあですね」とボソッと返ってくる時ほど調子がいいというタイプである。

 野球に笑顔はいらない。それが持論だ。

「それについては、イチローさんに完全に影響を受けていますね。野球を始めた小学生の頃からイチローさんが僕の憧れでした。いや、今でも憧れています」

【次ページ】 1年前、憧れの人と練習した時のことを聞くと……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
福岡ソフトバンクホークス
上林誠知
イチロー
内川聖一

ページトップ