スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

大迫傑が作った日本の新スタンダード。
マラソン界に刻まれた2時間7分19秒。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/12/05 17:00

大迫傑が作った日本の新スタンダード。マラソン界に刻まれた2時間7分19秒。<Number Web> photograph by Kyodo News

東京五輪の代表選考会の出場権をはやくも獲得した大迫傑。早めに決められたことで、本大会から逆算しての調整が可能になるメリットは大きい。

「大迫スタンダード」は、かなり高い基準だ。

 今季はこれから別府大分毎日マラソン、東京マラソン、びわ湖毎日マラソンと続き、2020年の東京オリンピックに向けた代表争いが本格化するわけだが、その他の有力選手たちはMGCレースへの出場権獲得とともに、2時間7分19秒という「大迫スタンダード」をターゲットにしなければならなくなった。東京オリンピック出場だけではなく、メダル獲得を狙うならば、大迫を超えていかなければ話にならない。

 しかし、この基準はかなり高い。

 35kmまでを1kmを3分、5kmを15分ペースで刻み、なおかつ余力を残さなければならない。

 そしておそらく、大迫はここからさらにレベルを上げていき、その背中は遠ざかっていくかもしれない。

 会見で淡々としていた大迫の視線は、かなり先を見ている。

関連コラム

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
3/3ページ
関連キーワード
大迫傑
東京五輪
オリンピック

ページトップ