マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

高校球界屈指のショートが大集結。
晩秋の熊野は、次世代の才能の宝庫。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byMasahiko Abe

posted2017/12/04 07:00

高校球界屈指のショートが大集結。晩秋の熊野は、次世代の才能の宝庫。<Number Web> photograph by Masahiko Abe

熊野で行われる高校野球界注目の“フェスタ”。紀南高・岡という逸材を発見した!

「オレもまんざら悪くないかな」と気づいたら……。

 自信持ってるな……と思っていたら、初球、痛烈な低い打球がショート正面を襲う。打球を処理した中神だって高校からプロを目指そうってほどの選手なのだが、その“腕利き”が打球の勢いに圧倒されていた。

 股関節が柔らかそうなストライドの大きなランニングフォーム。岡は細身でも、バネと柔軟性が光る。こういうヤツに、もうひと回り筋肉が付いて、「オレもまんざら悪くないのかな」と気づいた時の伸びしろはすごいんだ……。

 1つあるとすれば、高目にグッと来た速球に差し込まれ、打ち損じた内野フライでのこと。そこで「ああ~」と天を仰いで敗北感を漂わせてはいけない。バッティングなんて、しょせん“3割商売”。しくじった7割は、当たりまえの顔でやりすごせ。

霞ヶ浦高の“6番”と“16番”どちらも上手い。

 紀南高との試合後、市立岐阜商は霞ヶ浦高と対戦した。この夏、霞ヶ浦高は茨城県予選の決勝で、9対9のままの雨の中の延長を5イニングしのいで、惜しくも1点差で土浦日大高に甲子園を譲った。そんなチームの“この秋”をこんな田舎(失礼!)で体感できる。

 だから、「晩秋のセンバツ」なのだ。

 試合前のシートノック。

 霞ヶ浦高の遊撃手が上手い。2人で守っている“6番”と“16番”どちらも上手い。

 打球に反応する最初の2、3歩がちょうどよい。やみくもに打球に向かって突っ込むわけでなく、様子を見過ぎて出足が鈍いわけでもない。実にいいタイミングで打球との“接点”をとっている。捕球点でのボールとの距離感にも余裕があるから、あわてることなくフットワークでリズミカルに投げられる。

【次ページ】 「いちばん優秀なヤツをショートに育てていく」

BACK 1 2 3 4 NEXT

ページトップ